まり蔵のワンコ☆ライフ

mariwanko.exblog.jp
ブログトップ

タグ:マタギ ( 25 ) タグの人気記事


2012年 02月 14日

モチのちアメ?

昨日は久々 プラスの気温になって
あったか~ぃ♪ と思ったのですが、今日は朝から雪模様。。 さぶっ.

まだまだ三寒四温とは言えず 体感的には四寒二温くらいですが
温の字が出てきただけでも急に活動的になってきたりして♪  動物のように春を待ちわびております。。

そんなお祭りweekの2日目。
開催地の大館は秋田犬発祥?の地ということで、行ってみねば!! と
『アメッコ市』に出陣~!! したのですが..
決して交通の便がいいとは言えない県内ですから、
秋田市からは高速使っても車で2時間半..しかも、向かう道中、物凄い地吹雪で。
途中、車から降りたら 息も吸えない‥ 目も開けれない‥
これでは祭りどころではないのでは‥ 

と心折れそうになった所で
立ち寄ったのが、『もちっこ市』 ☆
犬っこ、アメッコ、もちっこ etc.. そんな名前が多いですね。 そーいえばこの感じ、どこかでも聞いたことある‥(笑)

その名の通り、モチだらけの市です!!
会場となるテント内にはズラーッと色んな種類のモチが売られています。
私はマタギの里ゆべしを購入して、ウマウマ~♪
んでもって
お食事コーナーでメインとなっていたのが、コチラ☆
b0119620_935718.jpg
馬肉うどん!!
北秋田は知る人ぞ知る? 馬肉の産地なんですよー。

その昔、阿仁鉱山が栄えていたころ
坑内で働く鉱夫にビタミン不足による病気が蔓延し、これには馬肉がよいとわかったのですが
農耕に欠かせなかった馬とは寝起きを共にして 家族同然に育てていたため、
たとえ天寿を全うした身であっても それを食するのは抵抗感があって広がらず
それでは‥と 名前を「なんこ」と称して伝えられたのが始まりだった. 
とかいうのを以前聞いたことがあります。 (諸説あるようですが)

ならば、私も最近日照不足だしー。(爆) と早速一杯♪
というか、以前にも食べたことがあるのですが、脂身が少なくて甘辛でとても美味しいのですよー。

そんな寄り道をしながら やっとこさたどり着いた会場でしたが、
やっぱりサブかった。。

かろうじて吹雪は止んでいましたが、日中だというのに気温はマイナス4~5℃..
(スノーシューをしていると これくらいの気温でも汗をかくほどなのですが、街中だと体感温度が違います(泣。)

そんな中、がんばってお祭りを体感しましたよ~
b0119620_9565358.jpg
通りの両側に 飴を中心とする露店が延々と並びます。
b0119620_958397.jpg
その種類も数えきれないほどで、見ているだけで面白い!

だけど‥
最初の疑問として なぜ飴?って思いますよねー(笑)?

行って初めて知ったのですが、
昔、山から白髭の神様が飴を買いに降りてきて
その日に飴を食べた人は風をひかないとかいう言い伝えから始まったそうな。
ならば 私も!! と
b0119620_1055339.jpg
お買い上げ~♪♪ 
一番奥の鳥居前には長蛇の列ができていて、
そこを参拝した方々が頂いて帰る飴が とってもご利益ありそうでしたが あまりの寒さに並ぶ気がおきず(苦笑)
秋田犬と触れ合って 帰ってきました~‥
秋田犬はちっこくてもやはり秋田犬。ちっとも愛想はよくなくて 私にとっては可愛くありませんでしたが。(爆)

そーそー。 開催地の近くには 秋田犬会館なるものがあって?
マタギの猟犬としての歴史なんてのも見れるらしいと知ったので 一瞬期待したのですが
そこは土日休館なそうで。。 
え゛~? 展示モノなのに週末お休みとは‥ と残念でしたが
そこに なんとも 秋田犬らしさを感じてしまったのでした~。

ここの会場で食したのは
b0119620_10314951.jpg
比内地鶏の丸焼き~.といきたいところでしたが‥
それは お財布的にムリだったので、

b0119620_10324440.jpg
肉巻きキリタンポ☆

キリタンポに豚肉を巻いて焼き、タレ(4種類から選べました♪)を付けたもの。
最近流行りなそうな。確かにウマウマでした◎。

んでもって、帰宅途中に寄ったのが コチラ。
b0119620_10463481.jpg
以前にも紹介した事があるのですが、どこだかわかりますか~?

これを見ればわかるかな‥?
b0119620_10415533.jpg
ハイ。あの、素敵スポット☆ 北欧の杜です!!
が‥
これぞ北欧? 完璧雪に閉ざされ、、
b0119620_1041031.jpg
ひとっこ一人 おりませぬ。。

それもそのはず?
ここでワンズとスノーシュー♪♪ と 計画していたのですが
歩いても、歩いても、寒くて、寒くて。。 手と鼻がモゲるかと思いました。。。
(スノーシューしてるのに.おかしい‥.)

そしたら!!
後から知ったのですが、あの白髭の神様‥
帰る際には足跡を消すために吹雪を起こすと言われているそうな。

どーりで。!!
 
[PR]

by mari-zo | 2012-02-14 10:53 | おでかけ☆
2012年 02月 01日

アニマルトラッキングへご案内♪

先日のマタギ塾の翌日は~
せっかく秋田まで来たんだからと 水色親子を私のナワバリへもご招待☆

この日はモチロン ワンズも一緒です♪
b0119620_1112229.jpg

b0119620_11143463.jpg



水色親子、まずはお約束のコレ☆
b0119620_1118588.jpg

b0119620_11191041.jpg

b0119620_11234044.jpg


そして 最初に向かったのが‥

コレ☆
b0119620_11243064.jpg
特大サイズのキツツキの食痕です!!★

今まで数多くのキツツキ跡は見たきましたが、こんなに立派なのは初めてで
なんだろ?と思いつつ、図書館やネットで調べたり、YouTubeで調べたりしているのですが わからず。
んでも、見るだけ見てみて~♪ と ご案内したわけです。
だって、秋田県の森吉山は あの天然記念物・クマゲラが住んでいるんですよー!!
ここから森吉までは鳥にとっては目と鼻の先♪ 来てもおかしくないかも?
と 妄想を膨らませるだけ膨らまして(笑) 調査、調査!
幹の裏も 食痕だらけで
b0119620_11334314.jpg
その深さは5cm程もありました!!
誰だろねー。 クマゲラ、秋田にいるうちに一度見てみたいな~。

んで ひとしきり観察も終わったので 一行は次の目的地に向かいます。

すると 今度は‥?
b0119620_1136227.jpg
ウサギの食痕発見★
喰い口がスパッとキレイに切れてます。

そしたら そのすぐ下は
b0119620_1137323.jpg
ウサギの穴がありました~★
ついさっき ココから出たばかりでは? という足跡もありましたが、
一度逃げる気になったウサギを追っても姿を見れた試しがないので 諦めて次へ向かいます。
b0119620_11402015.jpg

見晴らしの良い所で一息ついて‥
b0119620_11411396.jpg
今から向こうの尾根を越えますよー なんて言ってた矢先。

モエアイセンサーが ピピッと反応した!!?

ん?
この感じは 何かいる??

と思ったら 眼下をウサギが逃げてゆきました~★
あっという間だったので 今回写真は撮れませんでしたが 耳先の黒毛が多い、特大サイズちゃんでした。
んでも 見れたのは モエとアイと私、そして水色父のみ。 
ツアーガイドとしては ちょっと残念。

んでも、これは絶対逃げないからっ! と 次に案内したのが‥
b0119620_11553488.jpg
あの、誰かの冬眠穴★
あれから 大雪が降ったので 場所がわからなくなっちゃって探すのに少し手間取りましたが、
やはり一目見ただけで 不自然に空いた呼吸穴が一目瞭然。
中の匂いを嗅いだり、穴の中をのぞいたり。
この雪穴が50cm程度下に続いていて そこの土が斜面に向かって掘れているのですが
雪穴の中ですら ほんのり温かい空気が漂っていて、かすかに動物の様な、磯のような、そんな匂いがします。
私は、アナグマかな‥? と思っていたのですが
今回のぞいたら
b0119620_1245929.jpg
アレ? ちょっと変わった!!?
穴の径が少し大きくなってるし、脇にあった枝が移動してる‥!!
ってことは 活動してるっぽい‥??
アナグマって、完全に冬眠しないのかなー? それとも違う誰かかなー?
また少し調べものが増えちゃいました。。

いずれにせよ、誰かのお家には変わりないわけで。
長居しても可哀相なので そこは早めに撤収して 再び次へ向かいます。

そこからは
テンの足跡を発見したり、カモを見たりしたものの
この日は深雪すぎたのか、動物たちの足跡がほとんど見られず。

前回飛び出したウサギ穴も
b0119620_1212037.jpg
アイたんが のぞいてみたのですが お留守の様で。

その後 真新しい足跡を見つけても
私達に気が付いて逃げてしまった後のようでした~‥
b0119620_12183989.jpg

これだけ団体さんで移動しているし 一匹でも見れただけでラッキー、ラッキー。

また もう少しお勉強して 歩いてみたいと思いま~す♪

 
[PR]

by mari-zo | 2012-02-01 12:25
2012年 01月 31日

今年もマタギりました!!

週末は、恒例の『マタギった週末』でした~。
参加するのは これでもう春冬合わせて4回目。

んでも 今年は秋田からの出陣だったので 楽々でしたー♪
ちょっとだけ早起きして イザ出陣★
b0119620_10174166.jpg
木々に積もった雪が 朝日に照らされて 角館の桜並木みたい☆
とってもキレイな朝でした!!

集合してから 
b0119620_10203537.jpg
カンジキを装着して‥

マタギ塾のスタートです!
b0119620_1021598.jpg
この日は 青空にも恵まれたいいお天気◎

カンジキを履いても?
b0119620_10231154.jpg
こんなに 膝上まで埋まる深雪でしたが、、
先頭ラッセルを交代しながら ジリジリと進みます

今回は小学生も2人同行。
b0119620_10253632.jpg
カワイイ女猟師さんです(笑)

途中で
b0119620_10265728.jpg
雪崩の危険性がある個所の歩き方を レクチャーしてもらったり、

ウサギの巻狩りの模擬体験をしたり。

お昼は 山の木を見繕って
b0119620_10301149.jpg
荒縄だけでパパっと組んで 鍋の準備です。
何回見ても これはスゴイ!! コールマンもスノピも真っ青です(笑)

そして この火の点け方もあっという間。
b0119620_10325563.jpg

ここにもマタギの技があるのですが、
それは塾生だけのナイショ。
校長先生は聞けばその場で何でも教えてくれます。サイコー☆

だけど、これはやはり必須!!?
b0119620_10411438.jpg
常連塾生さん達、 気がつけば
高い確率で自前の叉鬼山刀(マタギナガサ)を所持しておりました~‥ カッケー☆

そんなマタギ談義をしている間にも
b0119620_10346100.jpg
みるみる 準備が進んで

あっという間に鍋のできあがりです☆
b0119620_10343382.jpg
火を炊くうちに 周りの雪が溶けてゆきますが
そしたら トライポットの枝を ググッと雪に差し込むだけ。 簡単デス(笑) 

このとき、温度計を見ると 気温はマイナス9度でしたが
風もなくて穏やかな天候だったので 体感的にはマイナス5度くらい? 
一昨年の マイナス12度に比べたら 春のように温かく感じました(笑)

なので食後は思い思いに過ごします。
始めは森吉山を見れる高台に行くだけの予定でしたが 気がつけば‥
b0119620_10535242.jpg
高台からの飛び降り合戦に。!!

大の大人達が よりオイシイ場所(←わかるかな~この感覚(笑)を選んで 豪快に飛び降ります。
b0119620_10552373.jpg


オイシイ場所が売切れたら
b0119620_10581538.jpg
そのまま寝転んじゃったりもアリですしね(笑)

そして 付近のクマ棚散策も♪
b0119620_1057911.jpg

b0119620_10572846.jpg
幹には爪痕も。

んでもって、今度は 登り方のレクチャー。
b0119620_1102815.jpg
雪国にお住まいの方は ご存知でしょうが
こんな雪の段差でも そこを登るとなると至難の業。
つかみどころのない斜面で モガキ続けるのが関の山なのですが、、

そこは さすがマタギ塾!! 
色々と体の使い方を教えてもらいながらコツを覚えると
b0119620_114443.jpg
登れるように!!☆

そして 雪山で遭難した際のビバークの仕方も習いました~◎
こーして、あーして、、と実際の段取りを見せていただいたので
本で読んで知っていたつもりでも 実践してもらうと本当に参考になります。
b0119620_1155349.jpg
こんな立派な雪洞を掘れれば良い方ですが

無理そうならば
b0119620_1184114.jpg
こーゆー手段も。
写真で見ると ただ埋まっているだけにしか見えませんねー(苦笑)..

だけど、これにもちょっとしたコツがあるんですよー。 
私の場合は雪洞を掘る体力が無いかもしれないので これは親身になって学びました!!
あとは、、精神的に耐えれるかどうかですね(爆)
この状態を維持して 朝まで我慢できるだろうか、、 自分で怖くなって飛び出しちゃわないかが心配です。。
マタギって、そういう精神力が尋常ではないのでしょうねー まだまだ修行が必要デス。。

だけど‥ この方法、
実際は凍死しちゃわないの??と 疑問ですよねー。
それが、大丈夫なそうなんです。 外にさらしている部位は危険なそうですが
人体の3分の1が凍傷になっても死ぬことはないそうな。
そして 塾生に実践してもらったところ、
b0119620_11165666.jpg
最初はヒヤッとするけれど、だんだん温かく感じてきて このまま寝れそう。 とな。
なるほど。本当に大丈夫そうです

この日は 深雪すぎたからか? 動物たちの足跡も少な目でしたが
巻狩りに向かう途中で ヤマドリ1羽を目撃★ 
尾羽をピーっとのばしてキレイに飛翔してゆきました~

そして 帰り道には ヤマドリの足跡も発見◎
それを追っていくと‥
b0119620_1125592.jpg
飛び立った跡も発見~◎!!
写真で撮ってもわかりにくいのですが 
ヤマドリは飛び立つ時に両方の羽を広げて雪面を打ったような跡が残るんですね。 初めて知りました!!
これからのアニマルトラッキングの楽しみが増えました♪

そんなこんなで 今回も盛り沢山なマタギ塾、名残惜しくも終了です。
b0119620_11444764.jpg

今回も色々と教わりましたね~。
何回通っても 新しいワザや発見があります。
きっと本当のマタギの狩りには そんな知識やテクニックが数えきれないほど詰まっているんでしょうねー。
病みつきになるのは その背景がヒシヒシと伝わってくるからかも‥

秋田に越してきて、予想以上の雪の多さに
正直 心折れそうになっておりましたが(苦笑)、
マタギ塾で色々教えてもらった事を 自分で試すという楽しみもできましたし
これなら 春まで飽きなそうかも☆(笑)

 
[PR]

by mari-zo | 2012-01-31 11:45 | おでかけ☆
2012年 01月 16日

モエアイ探検隊?

モエアイ地方、冬だというのに雷が多いです。

今まで暮らしてきた地域では 
寒さが緩んでくる時期には 春の訪れの兆しとして実感したものですが、
この時期に鳴っている記憶はありません。

しかも フツー、雷って 遠くでゴロゴロ言ってたのが、だんだん近くにやってきて‥ 
という今までの常識も全く通用せず、

何の前触れもなく 世の中が光ったかと思ったら
イキナリ一発デカいのが、ドドドーン.と 鳴って
そしてまた静寂。 
その後は何事もなかったように 深々と雪が降るんです。。

そんな事を何度か経験して慣れてきましたが、
突然の雷はヤメテほしいです。 ワンズもプチパニックですが、私の心臓にも悪いです。。

そんなモエアイ地方ですが
市内の積雪量は平年の3倍なんだそうな。

なーんだ。

と 毎日の雪かきを思うと安心したような
んでも やっぱり雪は好きなので、残念なような、、複雑な心境ですが スノシュー三昧は続いています♪

いつも散歩していたエリアは積雪1m位?
ここまで積もるとモエは遠くまで逃げれないし(爆)
ウサギの足跡を追って行っても アイは呼べばすぐに戻って来るので 安心。安心。♪

私の足跡を頼りに付いてきます。 カワエエのぅ☆

この日もそんな感じで 散歩を続けていたのですが
尾根道に 獣が何度か通った足跡があったので たどって行ってみた。

少し歩くと斜面がキツクなってきたので、
これ以上は疲れるからヤメとこー。 と 引き返そうとしても
モエが とある木の根元に居座って離れなくなっちゃった‥

そのうちにアイまで張り付いて 帰ってこないし‥

仕方がないので
「なぁにぃ~? 何か見つけた~?」 と 戻ってみると?
モエアイが 何やら穴を見つけて のぞいてて。

最初は木の根っこ部分に雪が積もらなかっただけでしょ? と思ったのですが、
b0119620_17244312.jpg
よく見たら 木が無いトコにも穴が。。

アレ?

なんだ? この穴‥

と よく見ると??
b0119620_17243528.jpg
穴の渕が不自然に溶けてて、なんだか少し汚れてる‥!!?

うぉー!!☆

コレって、誰かの呼吸孔じゃないのー??

この中で冬眠してるんじゃないのー!!?

も、もしかして、クマ~!!!? と 我に返って 
おいおいおいおい.. そうだったら私達、危険では?? と ちょっと緊張。

クマは冬眠すると言うけれど、正確には「冬ごもり」と言って
穴の中で寝ていても 比較的意識もハッキリしているから、外で何かあれば飛び出してくることもあるそうなんです!!

でもな、、

さっきの↑↑動画の所から 数百メートル程の クマにとっては都会な場所だし、

第一‥
b0119620_17245051.jpg
スデに こ~んな事までされてんだから、
クマならとっくに出て来てるか。。(苦笑)

と 安心したところで
穴をのぞいてみることに‥♪


(穴の中で誰かが威嚇してないか、耳を澄まし‥?)

ん~.. 気配はナシ。


(上から ちょっと覗いて 様子を伺って‥?)

あー。 中の方は広くなってるかも。


(穴の入り口まで 顔を近づけて クンクン..)

うぉっ!? ちょっと獣臭?
やっぱ、中に居る!!?


(と念のため もう一度耳を澄ますも‥)

やっぱり、音はしない。。


では☆ と 思い切って穴の中を覗き込んだら‥??
b0119620_17543726.jpg
やっぱり、何かの巣かもぉ~~☆

コレは穴から手を入れて スマホライトをつけて撮影したもの。
写真で見えるように 乾燥した草が散らばってて その上に見える奥の隙間に続いているようでした。

この隙間、、モエの頭が通るかどうか位のサイズ。
って事は、確実にクマではないモヨウ(笑)

んでも ウサギ小屋の匂いもしないし、クッサ~いタヌキの匂いでもありませんでした。

誰のウチだったんだろ~か。。
もしかしてアナグマかなー? キツネの巣はこんなんだと思うんだけどなー‥
と 疑問は残りましたが

これ以上荒らしては可哀相なので モエを確保して 戻ってきました♪
アニマルトラッキングは やっぱり楽しいですなー☆
 


そして?
そんな事も楽しめちゃうかもしれない?
恒例のマタギ塾が 今月末開校されます!!

そう☆ あのマタギる週末が またやってきますよー♪♪
ビールの泡も瞬時に凍る、、あの体験もできるかも‥(苦笑)

もしかして興味のある方は(笑) コチラから♪

今年は どんなマタギ体験ができるかな~ モチロン私も参加予定♪ ワクワク☆
[PR]

by mari-zo | 2012-01-16 18:14 | 近所
2010年 04月 27日

モエ山 モンキードッグ★

最初はね、 よく肥えた猫 だと思ったんですよ。

クマに会った時もそうだけど
あんなに恋焦がれていても イザあった瞬間は
犬だの、猫だの、、って思っちゃう自分が悲しい..

けどね、

けど、 こんな状態で座ってたら 間違うって!!

ホラ☆                (ココはモエ山入口☆)
b0119620_14215096.jpg
そー見えるでしょ?

しかも この辺でいつも 野良猫にエサをあげてる人がいるもんだから
はなから 猫だと思って疑わなかった まりぞ。

(あれ~。 一生懸命なんか食べてて コッチに気がついてないナ~..)

(おーい。 今からモエアイが行きますよ~。)

と思いながら ズンズン歩いてった
次の瞬間。

え゛!?
手が伸びた!!?

b0119620_1432516.jpg
猫じゃなーい! サルだぁ!!!
と やっと気がついた。(苦笑)

フゴーっ!!! (怒)

にゃんと! こんな民家の近くに 来ているとはっ!!

ダメ、ダメーッ!!


と 地域の安全を守るため(笑)
ボスザルらしき個体が居ないのを ざっと確認してからね♪ (ボスは怖いらしい..) 

早速アイたんを投入~☆

それを合図に サルもコチラに気がついたらしく
パ、パ、パ~ッ と 木に駆け登って 逃げ始めた!!
んでも 
毎日リス追いで鍛えたアイたんも 上を見ながら走り、
常にサルの下に付けて 逃がさない!!

追い鳴きするアイと 逃げるサル!
そして それに遅れないように付いて行く まりぞ。
(あ。モエは興奮しすぎなので ガッツリ.オンリードです。。)
※モンキードッグでサルを撃退する時は
  必ず人間が一緒に行動して サルには「人間に追われて怖かった」と思わせないといけない、
  そうする事で民家の近くに出没するのを 予防できる‥
  と聞いたことがあったので
  必死で一緒に追う まりぞ。
  いつも平和なモエ山が イッキに修羅場?デス。。


サルのほうも
b0119620_144803.jpg
木から木へ飛ぶように 渡り歩いたかと思っていたら

b0119620_14451380.jpg
時々松の茂みに身を隠して ジッとしたりと
変則的な動きで 逃げ回る。

だけど それもお見通しなアイたん ♪
b0119620_035487.jpg
サルが動かなければ 意外と冷静。
そんでも 
以前サルを追いかけたときも そうだったのですが
木の上に追い詰められたサルって ウンP、ボトボト落とすのね..(苦笑)
被りそうで 危なくてやめてほしぃわ~。。

そんな コウ着状態を何度か繰り返していたのに
突然、強行突破☆した!!?
b0119620_1623954.jpg
そして 山の奥のほうへ逃げていくサル
最後は
b0119620_1581196.jpg
伐採事業で雑枝バサバサ.エリアに逃げ込まれ。

アイはどこまでも追って行ってましたが
モエ付きのまり蔵(笑)は この足場の悪さでは怪我人が出そう‥
って~事で 断念。。

アイを呼び戻して 大捕り物的追跡は終了となったのでした~♪

ま、大分追いかけたから 怖い思いもしたでしょ。
しばらく出てこないといいんだけど~..
 
[PR]

by mari-zo | 2010-04-27 16:10 | 近所
2010年 03月 12日

イノシシを追え☆

いや~、積もりましたよ~!! 
今週のモエ家地方。
朝起きたら 玄関のドアが開かなくって ビックリ!!

それもそのはず?
一晩で30cm近く積もったんではないでしょか。
b0119620_1552644.jpg
雪かきは大変でしたが テキトウに済ませ(笑)

早速モエ山にGO★
b0119620_15143350.jpg
サスガの積雪量に ワンズ達、歩き方が変わっちゃってました(笑)

んでも?

モエも
b0119620_15153441.jpg










ウホ☆

アイも
b0119620_1516584.jpg










ウヒョ~ッ☆

いつもの5割り増しで 楽しそうだったかも~ ♪♪

私も 楽しいは楽しいのですが‥
たかをくくってツボ足で出かけたので ちっともなかなか進めず 悪戦苦闘.
初めて モエ山でスノーシューの必要性を感じました。。
b0119620_15255035.jpg
結局
いつも 簡単にたどり着く場所まで 倍以上の時間がかかっちゃって
挙句の果てに モエたんにプチ脱走されちゃうし
もう.足腰が..ヘロヘロ~。。

なので

翌日は
b0119620_15292291.jpg
雪原に出没~☆

先週は あんなに春の陽気だったのに 
一気に 白銀の世界☆へ逆戻り~..

b0119620_15403597.jpg
アイたんまぶしくて. 目がチッチャクなっちゃってまひた。。

そして
最近やけに元気なモエたんは
大ハリキリの ドルフィンスイム走りで‥
b0119620_15433261.jpg

b0119620_15434685.jpg
b0119620_15442966.jpg

b0119620_15444813.jpg

そのまま‥
b0119620_15485592.jpg
山へ消えようとするので(爆)..

最近は
b0119620_15521230.jpg
アイに見張ってもらってます。。(笑)

そして~

積雪から3日目は またもやモエ山に出没~★
b0119620_162434.jpg
だいぶ かさも落ち着いて 走りやすくなってきました!
草原もいいけど モエ山の中は起伏があるし 倒木やぬかるみもアチコチにあるから
色んな匂いを嗅ぎながら 何気なく走るだけで
足場の悪いトコを 登ったり 跳んだり くぐったり. 
体のアチコチの筋肉を使うので ワンズのトレーニングにはもってこい だと思うのデス☆
b0119620_1675691.jpg

この日も

誰かが寝た跡??
b0119620_1685044.jpg

ウサギのチッコ.
b0119620_1693939.jpg
なんかを 見つけながら
何気にフラフラ散策していたら‥

オヤ?

これは‥
b0119620_16105280.jpg
カモシカに似ているけれど 副蹄がある!!
ってことは‥ イノシシの足跡だぁ ♪ めずらし~。

近年モエ山に出没し始めたという イノシシの足跡を見るのは去年の秋以来 ♪。
しかも この雪の割れ具合からすると‥?
(気温が上がった)きのうの昼以降に来たっぽい..
そして この足跡、、
b0119620_1618977.jpg
けっこう大きい 気がする~!!

それが
b0119620_16193927.jpg
こーんな クッキリ足跡残してったら 

このイノシシが どこを歩いているのか 当然 気になるでしょ~!!
って事で(笑)
この足跡を追跡してみる事にした☆

ズンズン進んでいくと
ふだん散歩で歩いている林道なんかも利用してるし
倒木が密集するエリアも回避せずに一直線で歩いていってるし
下りの斜面ではけっこうズリズリ滑ってて(笑) 面白い!!
モエもアイも フガフガ.しながら一緒に追跡、追跡~

そしたら.

突然 足跡の上に..

のっこり ウンPがぁ.!!

ほえ~。 これがイノシシのウンPですか~.
と 初めて見る巨大な落し物に興味津々なまり蔵。
近くの枝を取って ツンツン. なんてしてたら‥!!

アイが急に 何かに気がついて 走り出したっ!!

そして 大型獣に会ったとき特有の 追い鳴きをし始めた!!!
※モエ山で色んな動物に会うアイたん、
 キツネやタヌキに会ったときは ほとんど吠えもせずに追い始めるのですが
 カモシカやクマなどを発見したときは 
 感極まったなんともいえない声(追い鳴き)を発しながら追うので区別できるんです!!


え゛? 何??
イノシシ?? 

んでも この足跡はそんなに新しくないから、、カモシカか!!?
何~? アイたーん
何見つけたの~??

と 大慌てで 後を追ったのですが
その時私がいたのは 雪も崩れてグズグズになった斜面。。
マタギでもない私は 当然まともに走れるわけもなく。
アイたんの追い鳴きの声が どんどん遠くなるばかりなのでした~..

ふぇ~ん。。 アイた~ん、
どーせなら コッチに追って来て~..
『くまうち』 のアイヌ犬、フチならそうするんだよぉ.. と 思ったって‥ そんなのムリだよねぇ。。

しばらくして 戻ってきたのは
何かを追った達成感に ウハウハ☆なアイたんだけ なのでした~。

なんだったろ~?..

こちらは
そのすぐ後で 出会ったニャンコ☆
b0119620_16492246.jpg
君は正体を見たのけ~?
 
あー☆ でも 面白かった ♪。
春は待ち遠しいけど
雪があると アニマルトラッキングが簡単にできるから楽しいのデス ♪
 
[PR]

by mari-zo | 2010-03-12 16:52 | 近所
2010年 03月 05日

『くまうち』

最近 印象に残る本を読んだ。

b0119620_1072464.jpg

これは フレッカ隊長から 
何の前情報も無しに ホイッ。 と借りたので
何の気なしに しばらく放置していたのだけれど‥(笑)

読み始めて すぐ。

こりゃぁ、、この作者、 タダ者じゃぁ ないな‥

と気がついた。

内容は 簡単に言ってしまえば
【一人の猟師がアイヌ犬をクマ犬に育てて狩をする】話 なのだけれど、
その 描写が とにかくタダ者ではないのだ。

上手くは言えないけれど

山の中で 動物の気配や危険を感じた時に
視覚、嗅覚、、 なにより聴覚が キューン.と研ぎ澄まされ行く あの感じ。。

そして 犬と一緒に 動物を追っているときの
あの 間合いの取り方や
何も言わなくても 不思議と目と目で会話ができているかのような一体感。。

モチロン私は プロではないけど
数々の描写がリアルすぎて
こりゃ、自分の犬と 実際に山の中で体験した者ではないと 気がつかないでしょ. という事だらけで
誰かに取材した位では この文章は描けないべ..

ただの小説ではないな‥。

と 気がついて
初めて 著者紹介欄を見てみた。

ら?

ナント!!
プロの羆ハンター (当時日本で唯一の) でした..


しかも そこらへんの道楽ハンターではなく 
明治・大正のマタギを地で行っている様な精神性を持ち
一つ一つの命を敬い尊重しながら狩をして それだけで生計を立てる覚悟のある人でした。
それだけに ボキャブラリーは豊富というわけではありませんが
何度も何度も繰り返される描写に
これが究極で体験する本当の真実なんだろうな.. とひしひしと伝わるものがあり
命とは何か、動物を食らうとは何か 生きるとは何か
私なりに考えさせられる そんな本なのでした。

【野生動物を狩る】
このテーマについて 賛否両論あって 色々な背景も絡み
私にだって このことについて結論は出ていません(というか毎年というほど考えも変わります)が
この作者の考え方は 今の私の気持ちにピッタリ.だと感じました。


さて さて。
話は重くなってしまいましたが

実際 モエアイとやっている事は?
b0119620_104147100.jpgb0119620_1044853.jpg
(ツラかぶってみたの ~ ♪)

と 軽いです(笑) 
 
[PR]

by mari-zo | 2010-03-05 10:48 | おウチ
2010年 02月 11日

マタギった週末 名残惜しい編

大雪の中 無事帰還し ♪

温泉入って 酒飲んで(笑)。

大満足のマタギ自然塾は幕を閉じたのですが。

この大雪☆ 
もっと、もっと、楽しまにゃぁ モッタイナイっ!!!


って~事で。
帰る前に もうひと漕ぎ 行きまひょ-!!

翌日もスノーシュー担いで 雪山へGO★
b0119620_1085322.jpg
旅マタギさんに教えて頂いた お山。

ナント!!
フレッカ君も一緒です ♪
b0119620_10173323.jpg
前日のツアーでは 車待機で辛抱してくれたので
今日は フレッカDay☆ね~ ♪ という事で 

雪の中を泳いだり(苦笑)
b0119620_1017274.jpg


モデルになったり(笑)☆
b0119620_10185478.jpg


思う存分走り回って ♪♪
この笑顔☆
b0119620_10195721.jpg

しかしまぁ、パワフルですね~!!
人間だってカンジキ履いてヒザ上までくる あの深雪の中
ドルフィンスイムで ガンガン進んでおりました~..
b0119620_1022122.jpg
b0119620_10222051.jpg

聞けば なにやらクマ犬に向いてると診断されたそうな。
うんうん、わかる!!
アイたんは その点 チョッと馬力に欠けるしな。。

と ウハウハ走りまわっていたら
あっという間に 2~3時間遊んでたみたいで..

え゛~ もうこんな時間!!? と 帰り支度。

そんでも ご当地グルメはしっかり堪能
b0119620_1029545.jpg
またたびラーメン☆

これまた絶品!! の
b0119620_10305280.jpg
山ぶどうソフト☆
これは 美味しい ♪
森吉高原の生乳を使用して作られているそうですが
その口当たりの滑らかさと 
地元のハチミツを使用しているのでは?? と思うほどの柔らかな甘みが 絶品☆
今度から阿仁に行く時は 必ず食べる事にしました(笑)

さらに 道中では
b0119620_10352677.jpg
雪原を走る縦貫鉄道も見れたし♪

雪国ならではの現象に
b0119620_10363056.jpg
へぇ~。 ほぉ~。 言いながら

〆には温泉入って。
大・大・満足で 冬のマタギツアーから帰ってきたのでした~っ

今から 春のツアーが楽しみ♪ 楽しみ♪♪。
現地ではお世話になった方々、本当にありがとうゴザイマシタ!!
おかげさまで 雪山がますます好きになっちゃいました☆
 
[PR]

by mari-zo | 2010-02-11 10:41 | 旅。
2010年 02月 10日

マタギった週末 本番編!!

そして そして~。

阿仁・打当温泉にて
(いい名前でしょ~!? 「打てば当たる」のです!!)

興奮の一夜が明けて ♪。
(ワクワクで良く寝られませんでした。。笑)

カーテン開けて 外を見てみれば‥?
さらに 積もってるぅぅ~!!!

‥かな?

だって 元々が豪雪状態だったので。。
そこに 数十センチ積もったところで、 見た目はあんま、変わんにゃい..

う~ん。。 積もったっポイけど。。

どーだべね。

んでも
明るいトコで改めて見ると やっぱスゴイね。 雪。。

なんて言いながら
今日の天気予報をテレビで見てたら‥?


「県内の雪の確率100%」

ふえぇ..!!


「沿岸には暴風警報」

んげっ!!? 内陸でよかった~..


「冬の嵐が‥」 

え‥‥。 (冷汗。。)




とまぁ、 恐ろしい事しか言わない。。
※それもそのはず 6日土曜日は全国的に大荒れの天気だったようでした。。

だめだね、こりゃ。
こうなったら 風が吹かない事だけ祈ろ‥

と ゆー事で。 栄養ドリンク飲んで(笑)宿を出る。



それでも そんな天気なので 
校長先生がマタギ神社に連れて行ってくれて
参加者の安全を祈祷してくれました ♪  
これで もう 大丈夫っ!!

そこから いよいよ かんじきはいて
b0119620_10494153.jpg
出発です!!

かんじきツアーの目玉の一つが
『ウサギの巻き狩り』
昔からマタギ達が行なってきた方法で 山の中に潜んでいるウサギを追いたてて、狩る!!
(もちろん模擬なので鉄砲は使いませんが。)

今回、クラ(狩場)までは
b0119620_10563016.jpg
こんな感じの林道から進入~。
道路標識が見えなくなる寸前の積雪量
平坦に見えていても かんじきはいてもひざ上までくる雪こぎ(ラッセル)で
そうそう簡単には 進めない。

そこを交代でラッセルして ジリジリ.進む。

そして クラ(狩場)手前で
勢子(ウサギを追い立てる役) と
ブッパ(追い立てられたウサギが来るまでジッと待ち、撃つ役) の二手にわかれ 
スタートの瞬間を静かに待ちます‥
※詳しくは去年のマタギる週末を。



去年の巻き狩りでは 反省点が2つあり。。
今回はそれを頑張るのだっ!! と鼻息が荒かった まり蔵。

1つは、勢子の掛け声
穴の中に潜んでいるウサギを驚かせて 追い立てるために
「ほ~りゃっ!!」 とか 「ほ~ッ、ほっ」 とか大声で叫んで歩くのですが
普段大声なんて出す機会もないし
ましてや 雪山の急斜面を登りながら叫ぶのは なかなかキツイ。
なので‥
モエ山で練習して行きました(笑)

だけどね、大声出すのって これがなかなか快感なのデス ♪
キーンと冷えた雪山の空気を吸って 腹の底から声を出す!!
気持ちよかった~☆

そして~
もう一つの反省点は 勢子としてのルートの取り方
ウサギに逃げられないように 勢子が横一列になって追い立てるのですが
その列が乱れると 隙をぬってウサギが逃げてしまうので
勢子同士が一定の距離を保って 真っ直ぐ進まなくてはならないのです!
が。
実際の山ン中は 木も生い茂り 谷あり崖ありで 
そうそう思うようには進めない。。

去年はそれで 薮ン中で身動きが取れなくなり 
最終的には歩きやすい所を歩いてしまって かなり後悔..
なので 今年はどんな難所でも進んでやるっ!! と意気込んでいたのです 
そして
目の前に 45度以上もあろうかという崖がやってキタ!!!

登りましたよ。

四足で(笑)

そして ナント!!
登りきったら‥

b0119620_1136412.jpg
上空に青空!! そして太陽まで見えました☆

キモチイイ~!!!
奇跡の晴れ間です!

ウサギは見れませんでしたし
勢子としての編隊はバラバラに崩れ 狩は失敗に終わりましたが
それでも 去年の反省点を克服したまり蔵は 大満足の巻き狩りでした~。

b0119620_11395793.jpg



そして ツアーのもう一つの目玉、雪の中でのきりたんぽ鍋です。
b0119620_1144419.jpg
どんなに寒くても 自分達で炉を立て、火を起こし イチから鍋を作ります!!
(とは言っても 上手にできる人がいないので 校長先生がメインになっちゃうんですけどね~..)
それでも 今回は
よっぽど気温が低いのか なかなか薪が起きず。 苦労しました。。

このとき
各自で担いできたビールを飲みながら作業するのですが
缶を開けた途端‥

ビールの泡が凍ってました。。。

一緒に背負ってきた 水も
常に揺られてたハズなのに‥
b0119620_11492362.jpg
底まで シャリシャリ~.. (寒っ!!

いったい 何℃なんだべ??
と いつもの気温計を取り出すと‥
b0119620_11504742.jpg
マ、マイナス12℃!!?
え゛.. コレ、壊れてるでしょ。。

と ビックリし 気温計をつけてたカラビナを素手で触ったら
金属に指がくっついちゃって さらにビックリ!!

と まぁ
尋常ではない気温だった事は 確かです。。

(体感的には ほとんど寒くなかったんですけどね~)

さらに 鍋ができた頃には 再び雪が降り始め
b0119620_115915.jpg
帰り始める頃には 横殴りの雪に~..

だけど
そんな中でも

雪山でツエルトなしでビバークしなくてはならなくなった場合の
危険のない場所の選び方、雪洞の掘り方、etc..

非常食の話

かんじき歩行でも 体力を温存して歩く 足の運び方

雪道での無駄のないルートの取り方

雪の下に潜む 柴穴の恐さ

などなど 歩きながら
実際の場面、場面で 実演を交えて教えていただきました!!

普段からスノーシューで 雪山を歩く私達には とっても重要な事ばかり!!
本などではわからない 技を学べて ホント良かった~☆

自然塾バンザイ☆ デス!!
 

(追記)
ワン友隊長から拝借してきました。
実際のツアー終盤はこんな感じでした!!
b0119620_11311123.jpg

本気モードの自然塾は気合入ってマス☆

決して 酒飲んでるばかりじゃぁ ありませんッ!! (爆)
 
[PR]

by mari-zo | 2010-02-10 12:12 | 旅。
2010年 02月 09日

マタギった週末 初日編

ただいま~☆

週末はものすごい雪でしたね~!!

出発した時
仙台は雲ひとつない ピーカン☆だったのですが
秋田道に入ったら なんだかチラホラ降ってきて。。

嫌~な予感がしたので
少し遅めな大型車も抜かずに 付いて行く事に。 

そしたら 

どんどん、どんどん、降ってきて。。
あっという間に あたりは 真っ白。

なんとか 大型車の後ろ姿を頼りにして 走行できましたが
それでも 道路標識は雪で見えず。
あやうく知らないインターで降りそうになる というハプニングもありつつ(苦笑)
なんとか 大曲インターに到着~。

んでも‥

さらに ここからが スゴかった..

もちろん、車道も完全圧雪状態。

そして インター降りてすぐ。
頭上に『ファミマ』と見えるのに? 近づいても アレッ?建物が無い!!? 
え? え? 
と思って よーく見たら‥
雪壁で建物が見えなくなっていたのでした。。 ビックリ。

さらに 峠道は
2斜線道路なのに(除雪が間に合わず)1斜線状態で。
それでも お腹を擦る程の降雪量の中
対向車が来た時は 雪に突っ込み なんとかすれ違う!! 
といった具合で ヒヤヒヤ~..

角館から50km、そんなんだからスピードも出せず..
そのうちだんだん日も暮れてきて
風が吹くと 粉雪が舞って
正真正銘のホワイトアウト。。

道路も 壁も 空も 360度まっしろけっけ~。。。

そんな中、

ア ワワワ..

ウ ワワ..


言いながら。
ケツ振りながら(笑) 
早く到着したいっ!!の一心で
なんとか峠道を走破して

またぎの里 阿仁 にたどり着いたのでした~っ★

※阿仁の道は どこも こんな。
b0119620_12174134.jpg
(これは 帰りに撮った写真ですが この道でチョッとでも風が吹くと イッキに世界が真っ白になるのですョ。)
雪国に来た感が ありますねぇ。

しかも
到着した時の室外計、午後5時で-8℃!!

いや~ よく来たな~..
ってか 来ちゃったな~.. あ゛~帰るのいやだな~..(早くも。)
と我ながら 感心しながら 

どうせ体験するなら トコトンを味わおう!!
と 覚悟を決めたら
極寒の寒さもワクワクしてきて ♪ 
窓の外の大雪をつまみに さっそく乾杯☆するのでした~ ♪。

つづく
[PR]

by mari-zo | 2010-02-09 12:25 | 旅。