まり蔵のワンコ☆ライフ

mariwanko.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 07月 29日

モエアイとアート鑑賞?

「東北の梅雨も明けしました宣言」 を 頂いたものの、、

モエアイ地方は気温も上がらず、
ジメジメが抜けない日々が続きました。

んでは、夏を感じにgo☆
と 思い立って行ってみたのが 県北のコチラ!
b0119620_18595772.jpg
すごいところでしょ?(笑) 私もビックリ。

秋田は風力発電が多いところだなーとは思っていましたが、
ここは砂浜に並ぶ光景が圧巻☆
下に立つと 機械的なモーター音と羽がウオンウオンと風切音を立ててて ちょっと怖いくらい。。

でも その足元に延々と続く海岸は 
日本ナントカに選ばれるほど キレイな砂浜で
そこで サンドアートフェスティバルが開かれるというので やって来たのです。
b0119620_1901431.jpg


会場には 色々なテーマに沿った作品が並べられていましたよー。
まり蔵のイチオシはコチラ。
b0119620_1901828.jpg
妙にリアルな猫。。

そして
モエモエのお気に入りは コレ。
b0119620_1902151.jpg
馬肉の串焼き♪
(県北は古くからの馬肉の名産地なんですよー)

んで アイたんは‥
b0119620_190995.jpg
波にロックオン..

それぞれが 思い思いに楽しんだ週末なのでした(笑)

  
[PR]

by mari-zo | 2012-07-29 19:18 | おでかけ☆
2012年 07月 28日

鳥海るるるー♪

そして 山小屋で迎えた朝。
朝というより 夜中?な3:30、起床‥

普段だったら絶対起きない(爆) この時間ですが
この日は意外と頭もシャキッ★ ガサゴソと支度してヘッドライトもon!!

向かったのは
山小屋の東空にそそり立つ岩峰デス
そう。御来光を拝みに出陣するのデス!

薄暗い中、よく見ると
同じようにヘッドライトを付けて岩をよじ登る人々の群れが。 (おぉ☆ 富士山みたい‥♪)
けど、暗すぎて写真には撮れず残念。 
それは なかなか幻想的な光景でした。

稜線に出れば
b0119620_854223.jpg
チラホラと先客のシルエット

皆 思い思いの場所に陣取って その時を待ちます。
b0119620_98532.jpg

東の空から 徐々にオレンジ色が広がって
眼下には 海側から雲海が広がり、近県の山々の頂がポコポコと顔を出しています。
b0119620_985627.jpg

あれが月山、その隣が‥ じゃぁ、向こうに見える連峰が朝日飯豊? 蔵王は‥アレか!?
反対側を見れば 栗駒秋田駒ヶ岳‥ 岩手山姫神山早池峰 このあいだ登ったばかりの白神山地??
と み~んな 推測ですが(爆) 山の形や方角を見ては 山頂鑑賞を楽しむ♪

そうしているうちに 夕方お見送りした太陽が 戻ってきた☆
b0119620_98597.jpg
少し雲が出ていたので ピカッと神々しい瞬間 とはなりませんでしたが
私にとっては大満足な 静かな日の出となりました。

そしてお次は 
朝日が鳥海山の影を日本海に映し出すという 『影鳥海』 を見るのだ!! 
と 意気込んで より海側にある山小屋に急いだのですが‥
小屋に戻っても洋上はどんより? 
アレ‥??
聞けば 上空の天気が良くても 太陽側の上空に雲が出てしまって 
陽光が弱まってしまったため 影を作り出すほどの光量が無かったのだ とか。 ん~残念。。

残念ではありましたが 自然の事ですから しかたない。
朝食の後は気を取り直して もう一つの大イベントにgo★です!!

なにか? って??

だって‥
この段階でもまだ 登頂には成功していないのですよー。 @私たち。

鳥海山の山頂は‥
b0119620_9331120.jpg
こんな所にありまふ。。

山小屋から背後に切り立った ガレ山@新山 を登って‥
b0119620_9354876.jpg
その無数の岩塊の中の 一つの岩のテッペンが山頂 という‥
なかなかにハードな登頂劇となるので 
山頂小屋まで来てもここまで来ない民も多くいるそうなのですが、、

ナイトフィーバーな私達ですから(笑)? お察しの通り「〇カ」が多いかも~‥?
一部のメンバーを除いて ハリキッて山頂へ向かいます!!
b0119620_9395096.jpg
新山へのとっかかりは こんなトコ。
私がテキトーな岩にしがみついている訳ではゴザイマセンよー!!
だって、岩壁に目印の「↑」があるでしょ? ココが正規のルートなのでゴザイマス。。
全工程、鎖場も梯子場もナシ!! もちろん命綱なんてありませ~ん。
そこを
ヒトの背丈以上もある岩の凸凹を見極め、手足を引っかけ、一息ついては次の足場を探す
これが非常に面白いっ!!
ザックは小屋にデポジっているので身は軽く 思う様に体が動いて グングン高度を上げて行けます◎!!
b0119620_9481978.jpg
一息ついて 振り返るとこんな。
よじ登ってきた岩がゴロゴロと、、
b0119620_950382.jpg
さっきまで居た小屋もどんどん小さくなって行きます

途中には 
b0119620_9515797.jpg
そそり立った岩の隙間を通ったり

帰路には
b0119620_95226.jpg
安産祈願な岩窟もあり
岩場歩きを十分に楽しめる 素敵なところでした。

そして‥

ついに‥

b0119620_9542711.jpg
登頂成功☆☆ 
(そこには記念撮影用のプレートが置いてあって 登頂者が持てるようになってました♪。)
そこからの眺めは さすがに素晴らしく、 
雲が下~の方に見え 朝日を拝んだ向かい側の尾根が一望できたり 海岸線が延々と望めたり 
さすがの眺めで 最高でした!!
だけど 山頂となる岩スペースは狭く、一度に乗れる人数は5~6人が精一杯かも。
そこへ次々と山頂めざして人が来てしまえば 先の人たちが明け渡すのが山のルール。
この時も 下の方から次のパーティの声がしてきたので 急いでアレを済ませます。

アレって?

それは‥

b0119620_9544279.jpg
コレで~す♪♪

山頂の中の 本当の山頂に、立つ!!!
この背後は ほぼ垂直に折り重なったガレ場で 固い岩々が牙をこちらに向けて笑っておりました。。
そこを見たら一瞬腰が引けましたが ここで引いたら女がスタる?
しかも 足を掛けてるこの岩、チョッとグラグラしました‥(笑)

それでも 全員立派に度胸試し?終了~★ 

すがすがしい気持ちで 下山して、
岩山からの最後の一歩は これまた全員で雪渓ジャンプ大会!!
b0119620_9543874.jpg


あ~ 楽しかった♪

そして
満喫した思い出を胸に 再び重~いザックを背中に。(苦笑) 下山開始します。
帰りのルートは 景色を眺めながらの外輪山コース
b0119620_10203898.jpg


昨日歩いてきた千蛇谷コースを見下ろし
b0119620_10194182.jpg
同じように苦戦しながら登ってくる人たちに心の中でエールを送り、、

名残惜しく振り返れば 山頂小屋がもうあんなに遠くに‥。 
b0119620_10202728.jpg
山の中にひっそりと佇むその姿は マチュピチュのよう!

下山するのがもったいなくて 
b0119620_10194550.jpg
何度も何度も足を止めて 写真&ポージング(笑)

b0119620_10205260.jpg
だけど 雲はどんどん視界に迫ってきて 下山感を感じるー‥

さすがに麓が近くなるにつれ 疲労が出てきましたが
b0119620_1020118.jpg


なんとか
全員無事に下山しました◎!!

今回登った鳥海山は標高2236m★ 自己最高記録!!

今度はどこに行こうかな~♪♪


今回‥
山小屋泊も初チャレンジだったし低温注意報が発令されていたので 装備は重めの10kg
天気は良さそうだったので一眼レフも持って行きました(大正解★) だけど、それがプラス1020g
スカルパのシューズは買い替えましたが、足にぴったりフィット☆ 靴ズレも全くなしで快適でした。
サポートタイツは 下がCW-X、上がC3fit これも疲労軽減に大いに役立った感アリアリ
& 日焼けを気にしなくて良かっただけでなく、フィットしているので蒸汗作用が働くのか、思いの外涼しかった!!
なので、水分補給は麓から担いで行った2L + 山頂ビール1本と1杯。
だけど 反省点は
その水ボトルをザックを背負いながら自力で取れるポケットに収納できず、毎回頼んで取ってもらい負担を掛けちゃいました。
ハイドレーション可能なザックなので 次回からはそれを考えなくちゃ だな。


 
[PR]

by mari-zo | 2012-07-28 11:02 | おでかけ☆
2012年 07月 26日

鳥海る♪

先週末は登山に行ってきました~☆
いつかは登ってみたいと思っていた 『鳥海山』 デス! 

秋田県と山形県の境界線で海沿いにある独立峰★
あの『天空』ですらあんなに気持ち良かったんだから♪。 と楽しみにしていたのですが、

けどね、、
私が楽しみにしたものは あの時も  この時も そうだったしー、、
今まさに梅雨時期だしー、
今回もきっと 雨?なんだろーなー。。 と 覚悟をしていたものの

意外や意外♪

当日は ごらんの通りの ピーカン☆ で 最高のお天気!
b0119620_16401436.jpg
私を含めると 総勢7人のパーティーも テンションアゲアゲ ♪
で歩き始めたのでした。

が‥?

歩き始めてすぐの展望台で。
b0119620_16462375.jpg
はるか彼方に山頂らしき頂を見てしまい、早くも気が遠くなる(苦笑)

だって あそこまで延々と続く尾根。 遠すぎてスケール感の湧かない山頂。
あんな所まで? 今日中に? 歩いて行けるのかー?? と なんだか嫌~な予感...

そんな不安感は誰もが一緒だったのか?(笑)
序盤の石畳街道を 皆せっせとテクテク歩きます。
b0119620_1655283.jpg
周りを見渡せば なだらかな丘陵地に残雪やウグイスの声♪
空気は澄んでるし やっぱり山はいいですなぁ。

だけど それだけに 今回は登山客も多め。。
b0119620_16594373.jpg
団体さんに遭遇してしまうと 思う様に進めない場面もあり
そんな光景も この山の人気の高さをうかがわせます。


そして 真面目に歩くこと数時間‥
ついに 前方に 小屋の屋根が 見えたーっ!!☆ と 安堵と共に喜んだのですが、
そこは単なる中継点で。

最終目的地の小屋は距離にしてこの倍、もしくは3倍も先にあると聞かされ 愕然とする。。

え゛? ここじゃないの? かなり歩いたよ??
さらにここから倍以上歩くのー!!!? と 本気で心配になる。。

それでも
b0119620_20523546.jpg
ここにある鳥海湖の美しさに癒されながら 大休止を取り 再び歩き出す♪。

ただ歩くのにも 飽きてきて オモシロ写真も撮りながら(笑)
b0119620_20571760.jpg


んが。

千蛇谷コースに入った辺りから 急に登山客は減ってきて、、 道は険しさを増していき。
b0119620_20542730.jpg
足元には 巨大な岩がゴロゴロ積み重なっていて
それを一つ一つ踏みしめ、乗り越え。

そうかと思ったら
b0119620_20543056.jpg
次々現れる雪渓に 足を取られ、 小さな一歩を懸命に踏み出す。 

それでも
そんな試練を繰り返しをしているうちに‥?

景色は ますます雄大さを増してキター★
b0119620_2141883.jpg
(あまりのスケールに写真だと雄大さが全く伝わりませんが、右手は垂直距離にして100メートルもあろうかという断崖です)
小休止してあたりを見る度に 一同感嘆の声も絶えず
「キレー!!」 「断崖絶壁だねー!!」 「こんなトコ来たことない」
「360度 どこ見ても絵になるねー」 「日本じゃないみたい(一同共感!)
息は上がっていながらも ここまでやって来た喜びを分かち合う。

だけど、それも ここ↓ を 歩き終えるまでの事だったかも‥。
b0119620_2116096.jpg


はい。。

この大雪渓、、
下から見た時は すぐ渡り終えそうに見えたのですが 
イザ足を踏み入れると 歩いても歩いても前に進まず。。 
皆だんだん口数も減って、最後には 皆 黙々と自分と戦う(爆)

渡り終えた地点で ゼーゼー言いながら小休止していたら
上から降りてきた登山客に緊急事態に思われたらしく、 「何かあったんですか!!?」と心配されてしまった。。
よっぽど みんなゲッゾリしてたのね‥。

そんな ところで 限界に近い体力を使い切ってしまった私たち。
ここから先の登りも 斜度は急だし、岩は特大だし、で まさに這うようにして上を目指す。。
それはまるで何かの罰ゲーム? ってくらい、maxキツかった‥

ので
写真はありませ~ん(爆)

だけど その試練を乗り越えたら
ついに、ついに、やっと、この日宿泊する山小屋に到着です☆
b0119620_2133721.jpg

でも‥
その時は 疲れすぎて 感嘆の声もあげられず。 ただひたすら思う事は「早くザックを下したい。。。」ということだけ(苦笑)。

そして その願いが叶えられると‥?
達成感と解放感の嵐がやってキタ!!!
もがきながらも ちゃっかり途中の雪渓を利用して冷やして来たビールで乾杯っ★ そりゃもう最高!!
そして
落ち着いたら 夕食を挟んで 小屋前の広場で日没を待ちます。

日没までの時間‥。 
b0119620_21445598.jpg
こんな感じで 各々が好きなところに陣取って ボーっとする.

最初は 今日登ってきた山の峰々を眺め、
b0119620_21442525.jpg
感慨にふけっていたのですが

この時期 日没までの時間はけっこーある(笑)。

写真を撮っても 人物は逆光になるし、だんだん時間も持て余し気味?
なので こんなことをして遊んでみました

最初は 地味に
b0119620_21433563.jpg


そして‥

b0119620_2143479.jpg


b0119620_21431757.jpg


b0119620_21424593.jpg


山頂生ビールも頼んじゃって♪、

b0119620_21423246.jpg


b0119620_21424069.jpg


b0119620_21423788.jpg

日没までの時間が待ち遠しく感じたのに
いざ太陽が沈んでいくのを見ると もうちょっとマッテ! なんて気持ちになりつつ。
今日の恵みに感謝して日本海の向こうへ お見送りしました。

そして夜は 満点の星と天の川、流れ星を満喫して

オヤスミナサイ。

(後半へつづく~)
 
[PR]

by mari-zo | 2012-07-26 21:58 | おでかけ☆
2012年 07月 16日

アジ犬☆アイたん!

仙台アジの2日目。 

アイの出走は ビギナーAGから。
ビギナー向けということで簡単なハズなのですが 検分してみるとなかなか難しいかも‥なコース

しかも
朝方まで雨が残ったものの、お天気は回復に向かい 気温もジリジリ上昇↑。 
地面もどんどん乾いて アイのテンションも 上昇↑上昇↑↑~☆

こりゃ、昨日よりもスピードアップしてくるかも?と予感はしたのですが、
その間合いがつかめず 
スタートして直後、バビューンと行かれちゃって 焦った私の戻し方が悪く、逆跳びドボン。。(苦笑

朝イチから やってしまいまひた。 (逆跳び = 即失格デス。。)

だけど♪。 
今回のビギナーは 失格しても最後まで走っていいルールだったので
足ナラシを兼ねて最後まで走らせていただきましたー♪  スイマセーン。 ドーモー‥。 って思いながら(苦笑)

これでガスが抜け、少し走ったので私もなんだかホッとして、
蔵王組の応援にも力が入る~♪
だって、 走るワンコ、走るワンコがどんどん完走していくので嬉しくもあり、
再び自分も気合入る~!!

そして アイ、お次の出走は JP1
※動画、途中からですが タッチャンさんが撮ってくれました!! アリガトウゴザイマス☆

フラフラしつつも、ギリギリセーフ!!(笑)
拒絶を言い渡されることなく なんとか無事にクリーンラン☆
テンションはすっかり戻って スピードに乗る部分もありますなー。 ヨシヨシ。
そんでも 成績で言えばクリーンラン中 またまた最下位の8席。 世の中には早いワンコだらけです。。

だって ハンドリングは相変わらずフラフラだしね(苦笑)
アイたんは こちらに集中していて ホントこの頃いい感じなのですが、、 ゴメンね~

でも この感じは とっても安心♪。
この調子で♪。 じゃんじゃんアイに助けてもらいましょー!!(爆) とひらきなおり?
「大丈夫!!。 私がよっぽどヘンな事をしでかさなければ(苦笑)、、 」 と 心を決める。

そして いよいよ 昨日のリベンジ★ AG1.
b0119620_17481511.jpg
マテもよくできました◎。

b0119620_1822346.jpg
登って~

b0119620_182285.jpg
降りて~

b0119620_1832980.jpg
シンクロして~♪♪ (笑)

b0119620_17543521.jpg
気が付けば ゴ~~~ル。☆★

とりあえず 完走デス!!

‥ とりあえず??

ハイ。

実は走りながら‥
拒絶とられたかも!!?と 気になった部分がありまして。。

その時に審判は私の後ろに居たので手が上がったかどうかは見えず、、 
気になったものの 前回の教訓から
 「とられたかもしれないけど、それはそれで仕方ない。 残りの障害を一つ一つ丁寧にっ!」 と 
気持ちをスグに切り替えて走ったのです
が、
ゴールしてすぐは 「あー、あ。 また同じ失敗をしちゃった。。」 という意識の方が強く
無事終わったという安堵感はあっても、、 喜びは薄い。。

んで お友達に 「手上がっちゃったでしょ?」 と 聞く。

も?

「あがらなかったよ?」 とな。

レレ?‥

そんでも そのお友達が見逃したのかも‥ と信じられず
他のお友達に会っても 「手上がってたでしょ?」 と 聞きまくる。

も?

「大丈夫だったよ?」 とな。

そんでも、そんでも 信じられなくて
撮ってもらった動画を一人で静かに見入る。。

!!。

ホントだ。。

これだったら、手、あがってな~い~かもッ!!!!!(喜)





ってコトは‥。



ってことは‥!!!



アイたんついに、AG1をクリーンラン!!!!?



どわ~っ♪♪♪。 ♪。
と ジワジワ.シミジミ.喜びが込み上げてきて♪。

ヤッターっ!!‥ と思ったのと同時に
あー。。だったら ゴールの時にもっと喜んであげればよかった。 アイに悪いことしたなー.と激しく後悔。

でもやっぱり嬉しー!!

2012.07.08.藍AG1


と ウキウキ の ホクホク で 車に戻ってアイに報告。
「クリーンランだったよー」「よく頑張ったねー」「イイコでしたよー」 etc.. と 
ご褒美ヤギチチもたっぷり飲まして オツカレサン会。

大満足の面持ちで ゼッケン返して 売店のチヂミを食べる私。
そのうちAG1の順位も出たらしく 「でたよー」と友人が教えてくれましたが、
CRできただけで 成績なんてどーでもいいの♪ 今は掲示板前が混んでるから後で行くー なんて言って
チヂミ喰い、お友達の応援をして フラフラと競技会鑑賞を楽しむ。

んで しばらくして 「そだ。」 と思い出し
とりあえず今後の参考に成績表でも見てみるかなーと 掲示板を偵察に。

(どれどれ~?) と 見てみれば

(お? 割とアイたん上位の方に居るじゃん!) と

(へ~。 そーなんだー。  みんなもっと早そうだったのになー)

(んで、んで? 何席かな~‥) と 順位の所に目をやると‥

(あれ? おかしいな??) 表を見間違ったかと思い 
再びアイの位置を確認してそのまま視線をずらしても‥ 順位の欄には 『5』 の文字が。。

レレレレ??

(『5』って、、5席?)
(って入賞なの? ディスクと違って5位までだったよね??)

(あれ?ちがうっけ?‥ でもリボンって5色あるよねー??)
と 一人プチパニック!!

んで、、

んぎゃー 嬉しすぎるぅぅぅ‥!!!!
と 不覚にも 一人ウルウル。

で。

間違いありませんでしたよー♪
早まって返してしまったゼッケンを また出してもらい。←人騒がせな(笑)
一番低いところでしたが、表彰台登らせていただきやしたっ◎!!。
順位なんて どーでも良いほど嬉しく。 
そんなまり蔵の喜びが伝わるのか、アイも嬉しそう♪。

見よ、この★相思相愛の図★!!(笑)
b0119620_1029287.jpg
いい絵ですね~。

でも実際は‥
b0119620_10292327.jpg
だったんですけどね。。

このあと 大量のチッコをしてました(爆)
そういえばヤギチチたらふく飲んだったんだ。。 ごめんよアイたん(反省)


今回のJKCは 連日私だけでなく沢山の蔵王メンバーさんが入賞となり、大賑わいの表彰台となりました。
前回の雨の中のセミナーコンペもとても役に立ったのはもちろん、
そんな状況でも誰一人キャンセルしたりやめようとしない あのとても良い雰囲気が 何よりの力になっている気がします
表彰式が終わってから 何度も遠くから足を運んでいただいた講師の山本さんを囲み パチリ☆
b0119620_10293572.jpg
記念撮影の案が急に決まったので 残念ながら声を掛けきれなかった方や
前日のみの参加の方、参戦はしないのに遠方から応援に駆けつけてくれた方々も沢山いらっしゃいました!!
そんなみんなに 感謝☆ 感謝☆

アイたんにも感謝っ!!

このブログで紹介した写真も沢山のお友達に撮っていただきました。
ゆっきーさん、レナさん、Rexパパさん、あやちゃん、タッチャンさん、わかめとーさん アリガトウゴザイマス☆

無事帰宅して。
我が家の ワン歴コーナーに記念が増えました。
b0119620_1029326.jpg
大きさや色は目立ちませんが、私にはこんな風に輝いて見えます(笑)

だって、年初の目標‥ 覚えてる方いるかな‥?3大目標
中ば冗談のつもりで宣言したのですが 一つ達成してしまいましたよー@ひとごと?(笑)

ディスクは 大会自体に出場が厳しくなってしまったので お預けな感じですが
キャンプ位なら叶えられる気がしてきました!! ガンバリマス☆

長々と 最後まで読んで頂いて ありがとうございました~♪

ここでお知らせ。
次回アジコンが 9月22日・23日に決まりそうです♪
スケジュールは空けておいてくださいね~☆


 
[PR]

by mari-zo | 2012-07-16 10:59 | ドックスポーツ
2012年 07月 15日

アジ犬☆アイたん?

先週末、決戦の日。

やっぱり、雨でした(爆)
そして、みごとな田んぼでした。。

雨のアジは先日のアジコンでシッカリ経験したので 慣れたハズなのですが、
今回の雨はそれ以上だったかも。。 なので初日の写真はほとんどありません‥。
だって、
朝、タープを立てるところから 完全防備=カッパ&長靴でも
競技が始まる頃には アチコチが濡れネズミ状態。 7月だというのに寒い!?

それでも 蔵王組の皆の士気は高く、雰囲気はいい感じ♪
今回初出場のメンバーさんも ビギナークラスで次々に完走していきます!!

そして いよいよ、雨嫌いなアイたんの出番。
外の雨を見て やはり下車を拒否りましたが 引きずりだし(苦笑)、少しウォーミングアップ。
いつもなら出番待ちに競技犬を見つければ ヒャインヒャインの大騒ぎですが、この日は笑っちゃうくらい静か。

それでも アイの出走です

2012.07.07.藍JP1
(JP = ジャンピング競技 = タッチ障害のないコース、スラロームはあります)

改めて見れば 私のハンドリングもチグハグですが
なんとかクリーンラン☆
でも 成績はクリーンランした中で最下位の11席。 (ま、しかたない。)

お次は AG1
(AG = アジリティ競技 = これが一般的に言うアジ。
クリーンランを3回するごとに1度→2度→3度とレベルの高いクラスに進めます)
ですが、 動画撮ってもらうの忘れちゃってありません。
一般的に 雨の日はコースが簡単になるらしく、この日も検分した限りでは特に難しいというところはなく
一つ一つ丁寧にこなせば大丈夫だ。 と手に書いた注意事項をよく読んで挑んだのです
が、、
唯一 ここは気をつけねばと 何度も検分したスラの入口で
(慎重に見たつもりだったのになー。。) 
2本目からエントリーしてしまい、やり直し(=拒絶) not クリーンラン。。

去年の秋もスラのエントリーミスで失敗したので 
同じ間違いはしまい!! と 思っていたのに 結局できなくて、

実はかなり落ち込む。。。

やっぱりダメなのかもー。

練習したつもりだったけど、あんなもんじゃ 本番には全然通用しないのかもー。

いや、
こうやって 延々おんなじことを繰り返して アジ人生が終わるんだー。

うぇ~ん。。

と 心の中で泣きが入るも
この日はこれで終わりではありませぬ。

ナント 無謀にも? 
団体戦にも申し込んでしまっていたのです!
誰でも出れる団体戦ですが、聞くところによるとコースのレベルは1度くらいなそう。

「ふ~ン、1度かー。 だったらアイたんも走れるねー」 と お思いなアナタ!! 
ご存知ですか!!?

アイってば、
今までただの一度も
AG1のコースを一回で
クリーンランしたことが ないのデスよ??

練習でも、アジコンでも、本当の本当に。。

ね? 無謀でしょ‥。

団体戦は 同じ体高の3頭が1チームで、その総合タイムで競われるのですが
3頭中1頭でもミスすれば それだけ他のメンバーの足を引っ張るという事なので 責任重大っ!!
アイと私だけの問題ではないのですョ。
なので 気合入りましたよー!! 
そして 雨も止んできて アイのテンションも上がってきて 実際自分のAGの時よりもドキドキしました(笑)

2012.07.07.団体戦

2走目に走っている黄色いヨタヨタしているのが私です(苦笑)
ヨタってはおりますが‥ 前後のエクシーや南ちゃんとの走りを比べるとスローペースですが

わかりますか?
★AGクリーンラン★ ですよー!!!

ワーイ☆ ついにやりましたー!!
生まれて初めての快走です!!
なんと 気持ちの良い事でしょ~ ♪♪。

団体戦自体の成績は残念な結果でしたが、
私自身はそれを上回る喜びで最高の気分でした 不謹慎?でスイマセン
誘っていただいたエクシー、南ちゃん、ありがとー☆
団体戦がなかったら あんなにコソ練してなかっただろうし(爆)
またダラダラやって同じミスを繰り返して 注意事項をリストアップすることもしなかったかも。

それに そういう密な生活を少し続けたからか
少し前から 日常生活でのアイとの関係がさらにググッとよくなってきた実感があっただけに 
それにつながる走りが出来た気がして
とっても、とっても 嬉しい 初日の締めくくりとなったのでした♪

長くなっちゃったので 翌日の話は この次へ~☆

 
[PR]

by mari-zo | 2012-07-15 12:00 | ドックスポーツ