<   2009年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 29日

またぎった週末 ~秘密の里編~

んで、んで、んで ♪

懇親会では
旅マタギさんの著書『マタギ』
(☆絶賛発売中☆ amazonでも時々品切れをおこすほど!! モチロン評価も★★★★★)
にサインをもらったりと 一同 盛り上がる~
b0119620_14505482.jpg
サインは 日々成長中だそうです..(苦笑)

だけどね、
これからがいいところ!! って~トコでね、 
校長先生が?
お帰りになると~?? 言うではないですかぃ..

え? ‥。   ~!!?

それは困るぅ!!
いや、困りますってば。 と焦った勢いで思わず 
泊まってって下さいっ!! と懇願する まりぞ。
そして その果てには
自分の部屋を空けますからっ!! と宿に確認も取らずに申し出る。。
(あれ? でも、他の方々も賛同してましたよね? 共犯、共犯っ。)

あ、でも 校長先生、 明日は用事があるって言ってたっけ? もしかして朝早いのかな?
と 頭をよぎったのも 一瞬で。
んじゃぁ と腰を下ろした校長先生に安心して
わ~い ♪ と ビール片手に手酌する ♪♪

今回は 控えめにしてたつもりなんですが
またぎ塾の翌日になると 相当飲めますね 的な事を毎回言われる。。
え? ホントは飲めないんですけどね、 楽しいお酒はついつい‥ とフォローするも
この言い訳も そろそろ使えなくなってきたかな。。
っというか 反省しなさいって話ですね。


それなのに..?
宴会場が時間になってしまい、 しぶしぶ退席したあとでも
恐れ多くも 校長先生の部屋に押しかけて?

またもや 乾杯~!!☆
いや、いや、いや、 校長先生には 体を大事にしていただかないと なんですけどね‥
ホント、楽しくてつい‥。 

んで そんな部屋飲みの最中 有力なお話が!!
確か 旅マタギさんに助け舟を出してもらったと思うのですが
なんと 校長先生に磐司磐三郎のお話を伺うチャンスがやってきたのです☆
私は磐司伝説は 一種のおとぎ話のようなもので
現代マタギの校長先生などには 煩わしい噂話なのではないかと思っていたのですが‥?

なんと? 何代か前のご先祖様だというではないですか!!!


ひょえ~...

私が捜し求めてきた 磐司磐三郎の末裔が目の前に ♪
だから 阿仁に渡ってきた磐司磐三郎が終焉を迎えた地ご出身で
私が調べあぐねていた 磐司が石になってしまったという場所もご存知だというのですよ・・

まり蔵 のけぞりまくり (笑


さらに?
そこを案内していただく事に~☆☆☆ 

翌日はお忙しいと聞いていたのに 全く遠慮せず。。
2つ返事でお願いしたのでした~


んで。 

んで~!! 翌日。

行って来ましたよー!! 
そして コレが 磐司? 磐三郎? 磐司磐三郎? (もう、誰でもいいのだっ。)
の 最後のお姿でゴザイマス。
(実際はかなり遠くの岩壁ですので かなりズームにしておりまふ。)
b0119620_1458726.jpg
そこは 到底 人が到達することのできそうにない 断崖絶壁で
その上に 不自然に立つ岩。
できてすぐは 人と犬の形をしていたという説もありますが
今は風化がすすんでこのような形に。
それだって、 これは自然にできたのではなく
やはり何かが直立不動に固まって できたとしか思えないお姿で。

その時 校長先生に語っていただいた話では
(阿仁言葉なので 完璧には聞き取れないのですが.(苦笑)
その昔ここいらに 居ついた流れ者の猟師が ある日
仲間の一人に自分はもう帰らないから と言い残して猟に出た。
すると その日から3日3晩の間 猛吹雪が続いて 誰も探しに行くことはできなかったが
3日目に嵐が止んで ようやくその猟師が向かった先を探してみると
それまで無かった あの岩壁の上に 男そっくりな岩ができていた‥
というのですね~
そして その男が 色々な事情から類推するに 磐司磐三郎であろうと。

う~ん。
なんて壮絶な人生だったんだ‥。

話の内容は多少違えど この話は古くからこの辺りで伝えられ
マタギ岩などと言われているようです。
しかも 校長先生は
以前クマを追って この未踏の地のような岩壁の上に行ったことがあるそうな。
マタギ衆の中でも あそこに行く時は命の覚悟をしろ と言われるくらい
道中も それはそれは危険な場所の連続らしく 
さらに あの岩壁の先は 何かの存在まで感じるのだとおっしゃってました‥
獣の足跡が 突然消えてしまうんだとか、
百選練磨のマタギでも ザワザワとした心地がして 落ち着かなくなるとか、、

そりゃぁ もう 神聖な地なんでしょうね‥
まり蔵は聞いているだけで 鳥肌立っちゃって 感動の嵐でしたけど。



そんで?
今日は 本当にありがとうございました。
また次回も よろしくお願いします
と 感謝の気持ちで 別れを惜しむ体制でいたのに・・・ ?
まだ このあと お楽しみがあるというので ♪。
またしても ホイホイ着いて行った (ちょっとは遠慮しなさい!! ってねぇ。。 スイマセン。

そして 到着したのが?
まさに 隠れ里!!

そこでは 入れ食い状態のニジマスを釣って~?
b0119620_15382139.jpg

それを 薪と炭で
b0119620_15391425.jpg

焼いては?
b0119620_15403558.jpg
ホクホク の ウマウマ~☆

他にも さばいては~?
b0119620_15411573.jpg
お刺身。 激ウマーッ☆

極めつけは マスの澄まし汁まで いただいちゃって
ホント、美味しかった~。

そして ここで 驚いた事が。 
写真見てわかりますか~?
なんとっ!?
薪割してる刃物と その後で刺身さばいてる刃物は一緒なんですよ~!!
しかも この刃物 前日の山菜取りの時にも 枝打ちなんかにもガンガン使ってました。。
それで刺身がさばけちゃうって‥ なんということでしょう☆
その名も『叉鬼山刀(マタギナガサ)』
以前はマタギもコレでクマと対峙していたという代物。
正真正銘・本物でっす☆

中でも 故・西根正剛氏(校長先生のお兄さんなんです!)が作り上げた フクロナガサは
柄の部分が袋状になっていて そこに棒を差して 槍のようにしても使えるのだ。
いや、いや、 私はクマを倒す気はないんですけどね。
カッチョイイ~!!★
コチラ マタギ自然塾のHPからも購入できちゃうんです☆

これで 今回の『またぎる週末』レポは終了~。
果たして まり蔵はマタギナガサを手に入れてしまうのか!!? (笑
次回の またぎ塾 をお楽しみに~☆
 
[PR]

by mari-zo | 2009-05-29 23:08 | 旅。
2009年 05月 28日

モエ公園の今

もう一つ お散歩立寄りスポットにモエ公園は外せない。

公園の ナンチャッテ芝は 今が花盛り☆

こんなんとか
b0119620_6423753.jpg
こんなんがb0119620_6431792.jpg
白や黄色の 模様をつくって咲き誇っております。

良ーく見ると?
b0119620_645389.jpg
イチゴ的なのも なってたりして ♪
コレ、ちょっとかじってみたけど な~んの味もしない。。
こんなんでもクマは食べるんだべか??

時には こんなんも? (笑
b0119620_645590.jpg
もえたん、今週末の大会は
オープンとシニアに出場予定でっす☆
応援よろしくおねがいしま~す☆☆
[PR]

by mari-zo | 2009-05-28 23:49 | 近所
2009年 05月 27日

もえたんの散歩道☆

そろそろ アイも2歳になりますが
日々の散歩は モエ・アイ 別々なんです。

だって 1頭ずつだとテケテケ普通に歩けるのに
それが2頭になった途端‥ 我先にっ!!
と引っぱる~  そんで 苦しくなってゲホゲホ..
引かれる飼い主も まともに歩けないし
なんてったって疲れる。。

それにね、 モエ・アイそれぞれに興味の対象が違うみたいで‥

例えば
モエたんはネコを見ると 気にはなるけど?
決して目は合わせようとしなーい。
近くまで寄ってても?
存在を認めなーい。 
あくまでも素通りしようと必死!
アイは 見つけた途端?
スニーク。
b0119620_2365387.jpg
そんで あのイッちゃった目で いつまでもガン見。。
(モエモエはできることなら早く通り過ぎたいのにねぇ。(笑)
 
逆に 何も居ない時は
モエたんは臭い嗅ぎに余念がない。。
地面に鼻をこすりながらも 順調に歩いていたかな~ と思ってても?
突然 におい取りに茂みの中に突入~!!
予測不可能な動きに アイもいきなり草むらん中に連れ込まれて 焦ってるし。。

そんな感じで
歩調が合わなくて なんだかお互いかわいそうなのもあり

そいで 別々散歩になったのですが
そのおかげで この時間だけは 個々に愛情をかけてあげれる大事な時間となりました☆
そして お散歩コースも 徐々にカスタマイズされ?

モエたんのお気に入りコースは?
大親友のナナちゃん☆
b0119620_22215538.jpg

ナナはちょっと恐がりなんだけど 小さい頃から遊んでいたモエたんは大丈夫なんだって~
そして とってもおりこうさんなので お庭で一人で遊んでるの。 (決して脱走なんてしないのだ!!)
だから モエと 「今日はナナちゃんいるかなぁ♪」 なーんて言いながら 通りかかると?
キュンキュンいいながら ご挨拶にきてくれて
とってもかわいいのだ~☆
b0119620_22304812.jpg
モエも近所まで来ると ナナちゃん家方面に 早く早くー!! と足が速まる。

そのかわり 居ないと いきなりショボビ~ン.. となっちゃって
ウチに帰ろうとしても?
後ろを振り返り 振り返り なかなか歩こうとしない。。
ナナちゃん大好きだね~ 繊細で優しいもんね~☆
(だけど ウチに帰ると あの小僧が居るもんね.. 休まんないもんね...(苦笑)
と 二人だけの会話をするのでした~
 
[PR]

by mari-zo | 2009-05-27 23:03 | 近所
2009年 05月 27日

またぎった週末 ~春の味覚編~

そいで。

そこで早速 採れたての山菜たちを 調理にとりかかる。
b0119620_8242796.jpg
その辺の枝を取ってきて お馴染みのトライポットをこさえ、
脇の沢水でお湯を沸かす☆
なんと無駄のないっ!! いつみてもホレボレです。

そして 今回感動のお味だったのが コレ↓
b0119620_82949100.jpg
何かを焼いていますね~。

何かというと?
b0119620_8304292.jpg
なんと! ウド の丸焼き~!!
焼けたら 皮を ピリ~っとむいて 味噌付けて 食べる!!
これが何ともウマウマなんですね~ ♪
採れたてで瑞々しいから 生でも全然アクはないんだけど
コレを焼くと あの独特な香りが立ち さらに甘みが!

端っこ食ったら また焼いて 食す
んで ビール飲みながら また焼いて~..
下ごしらえ そっちのけで 一人晩酌(あ、昼酌か。)状態です(笑
ウド、大好き☆になりました~!!

んで?
この日のメインディッシュは 馬鍋だったんですけどね
暖かい汁に 夢中になって食べてたら お写真がないんです‥
もちろん、ンマンマでした~☆

この馬鍋、この辺では 『なんこ鍋』 と言うんですね~
そういえば
昔 阿仁で鉱山が盛んだった頃 鋼夫特有の病気が流行って
当時赴任してきていた医師が診たところ
馬肉を食べれば良くなるのだけれど
この地域の人たちにとって 馬は共に労働する家族のような存在。
そこで 馬肉のことを「なんこ」と言い換えて 食すことになった‥
という話を聞いたことが ありました。 (こちらも諸説あるようですが。)

そんな事を思い出しながら
アイコ、ミズのおひたし なんかも平らげて その場は撤収~ となったのですが?

そのあと またぎ小屋に移動して
こんどは こちらの収穫~!!
b0119620_8565660.jpg
ワラビでっす!!
さっき もうこれ以上持てなーい と思ったハズなのに‥
この あまりにも立派なワラビを目の前にしたら ついつい手が。。。
この1本でおしまいにしよう。 と思っても
形のいいのが目に入ると またつい。。

と なんとも 贅沢な時間を過ごしたのでした ♪


んで~
夜は夜で懇親会。 校長先生を囲んで 山の話、 農業の話、 もちろんクマの話も☆
聞きたいことは それこそ 山ほど(笑)あり 気持ちははやるのですが
いつも私だけ 質問攻めにしてしまい 他の参加者に申し訳なく
でも やっぱり聞きたいっ!! と モンモンとし夜は更けていったのです‥

つづく~
[PR]

by mari-zo | 2009-05-27 09:36 | 旅。
2009年 05月 26日

またぎった週末 ~春の収穫編~

ただいまです~。

予告どおり 行ってきました!  ☆またぎの里☆
お天気は あいにくの雨.. でしたが
それもまた普段では味わえない ワイルドな感じで ♪
野性味あふれる 週末となりました~★

今回の塾のテーマは 『と山菜を探す旅』 だったのですが
クマ穴方面はかなりの急斜面.. 雨で滑落の危険があるのと
雨音でお互いの気配がわからず クマに遭遇する時は直近になってしまう
という事で
クマ穴方面には行かず。
残念でしたが そうでしょう、そうでしょう。 と納得のまりぞ。
さすがの私でも あの雨では 山に入りませんもの。。

それでは 写真多めで どど~ン と ご紹介。

んで 一行が向かったのが とある沢。
しかも? そこまでは里から距離があるということで
移動手段が 
b0119620_1163875.jpg



















←コリ。
なんと あこがれの 軽トラ☆
もちろん 箱乗り状態。
荷台につかまって ヒャッホーゥ ♪ ですよ。(笑

小雨でしたが 前を向いてると けっこうな水量で 顔がダラダラ..
しかも 林道なので 右から左から 枝が襲ってくる~!!
危ないっ!
こんどはそっちだっ!!
なーんて言いながらも もっと枝来ないかな~ とワクワクです。

終点に到着すると?
b0119620_11244310.jpg
例のブツを 流水で冷やし(笑
(そーいえば 冬は雪で冷やしてたっけ。)

そこからは
b0119620_11255290.jpg
清流をさかのぼって ドンドコ進む。
途中、 クマの通り道 や 石の渡り方を 教えてもらいながらも
さらに 奥へドンドコ。

んで そろそろ? という所で
校長先生から 山菜のレクチャーをいただき
b0119620_1133133.jpg
(上から アイコ ウド ミズ。)
獲物を求めて一気に散らばる 山菜ハンター達(笑

今まで山菜といえば タラの芽、ワラビ、ミズくらいしか採ったことがなく。
最初は みんな ただの草に見えてましたが
レクチャー後 周りを見渡すと?
アイコだらけだぁ ♪

そして ウドは‥
あ! あったァ!! 人生初のウド~ ♪ とルンルンで持って歩いてたのに‥?

校長先生が来て 「何もってら~?」と。

「え? ウド。 ??。」と まりぞ。

すると ニマ~っと笑って
「ちげ~。 ステ、ステッ。」(違うってば。 捨てろ、捨てろ。) と言うではないですか。

絶対 ウド だと思ったのに。。
なかなか 難しいのね。。。

そんな事を繰り返しながら さらに上流に行くと?
b0119620_11535738.jpg
なんと!! まだ雪が残ってました~
しかも かなりの厚さ。
その斜面を見ると そこだけ大きな木が生えていないことから
どーやら 雪崩頻発地帯のようで。。
圧縮されて カチンコチンになった雪の周りは フリーザーのように冷気が漂って
さらに ヒンヤリしてましたね~

そんな中
b0119620_1157159.jpg
季節はずれの ヒラタケ発見!!

b0119620_11593631.jpg
猛毒のトリカブト..も 教えてもらい

もう 持ちきれないっ!! ってくらい収穫して
b0119620_1211340.jpg
ベースキャンプに戻ってきたのでした☆

つづく~
[PR]

by mari-zo | 2009-05-26 12:05 | 旅。
2009年 05月 22日

兄弟に会いに♪ (後編)

んで。

登坂のとヘビ対決での冷汗が 引いたところで
みはらし台を後にして いざ! 開山堂へ再出発~☆

そこからの 尾根道は
道幅も広くて ちょうど良いアップダウンが続き
b0119620_2034458.jpg
アイたんの筋トレにもちょうど良さそう☆

そんな事を思いながら 気持ちよく歩いていたら
あっという間に 目的地に到着してしまいました~
b0119620_2043744.jpg
開山堂です★
アイも到着したのがわかるのか 早速マッタリ。

かたわらの案内板には 雲居和尚の開山の歴史と磐司磐三郎の説明が!
やったぁ。 ホントだったったんだ~! と 喜び
閉まっていた お堂の扉を 
失礼いたします~.. とゆっくり空けてみた。

ジャ~ン☆
b0119620_20585446.jpg

b0119620_20583576.jpg
ちゃんと いらっしゃいました~!!
真ん中の雲居和尚をはさんで 右が兄の磐司 左が弟の磐三郎 だそうな。
伝説では弟の方が狩りの腕が良く、弓の名手だったというから
そのとおり 弓を構えてますね~

ただ 二人とも 先日拝んできた対面岩の磐司像とは違って
やけに キレイなお顔立ちで。
ん~。 迫力ないなぁ。。
とか 勝手にダメ出しするまりぞ。 (バチがあたっちゃいますね)

後日 他の文献を読んだら‥
蕃山の磐司伝説は 雲居和尚が開山した年からすると 年代が違いすぎるため
どうやら 当時の人間が 既にある磐司磐三郎伝説を 巧みに利用した
作り話ではないか というのです。。
ど~りで。。
残念ですが そういうこともあるんですねぇ。


んで。
兄弟に対面して とりあえず目的は果たしたのですが
帰路を歩きながらも あまりに気持ち良かったので
途中に見えた「白滝不動尊」の矢印に引かれて ちょっと寄り道することに ♪

だけど こちらの尾根道は
それまでと雰囲気が違って 原始の森みたい☆

大木のアーチができていたり
b0119620_2122177.jpg

b0119620_2154277.jpg
大きな洞のある 朽木もアチコチに♪。
途中、クマの溜フンスポットも発見しちゃって
まり蔵 ワクワク☆

しかも途中 コブシの花のガクみたいなのが バラバラと落ちているな‥
という場所があって 不思議に思いながら歩いていたら?
b0119620_2130058.jpg
こんなの発見!!
花のつぼみが 齧られてる~??

高木の花を食べるなんて‥

クマ?

と 何でもクマに結び付けたがる まりぞ。
急に活動的になり(笑
その辺を探索したら‥?
b0119620_21335527.jpg
なにやら 爪痕みたいなのも発見しちゃって 
ワクワクがピークに!!
危うく 本来の目的地を忘れそうになったところで
白滝に着いてしまいました~
b0119620_2140244.jpg
コケ生した滝の中に不動尊が..
そして 小さな滝壺には 柄杓も置いてあったので
アイと一緒に のどを潤おして 戻ってきたのでした~。

蕃山。
予想以上に変化に富んで おもしろい山でした!!
ただし‥
起伏に富みすぎて 色んな尾根道が縦横無尽に交差しており
しかも その道に案内標示なんてありません。
事前情報でも 迷いやすいですよ~!とあったので 注意していたのですが‥

やっぱり 迷いました。。

違う道に入っちゃっては ん‥?こんなトコ来てないな‥
と 何度も戻りながら 下山して
最後はもう 
どこでもいいやー!! と
ヤケクソで出てみたトコが ビオトープ。。?
木道はありましたが その脇を小川が流れていたみたいで
b0119620_21512024.jpg
最後の最後に ドロドロです。。
 
あいた~ん 野生児はモエたんで充分だからね~..
 
[PR]

by mari-zo | 2009-05-22 00:20 | 近所
2009年 05月 21日

兄弟に会いに♪ (前編)

今月は 第二次またぎブーム ♪

だって☆
2月にお世話になった マタギ自然塾の
春のイベント ~熊と山菜を探す旅2009~ が 今週末開講なのだぁ☆

そいで それを前に 勝手に盛り上がっておるのです。

ちなみに
自然塾では「現代のマタギ」を体験するので
歴史なんて関係ありません! 磐司のバの字もでてきませんよ~ ♪
来週のレポートをお楽しみに~☆

んで。 今回は モエ家からもっとも近い痕跡を探求しに
蕃山へ行ってみました~
このお山、モエ家の家の窓からも見えるのですが
市内にありながら 手付かずな感じで。
こんもり黒々とした姿は 霊山のような神々しさが漂っており
以前から 気になっていたのです

ココも諸説ありますが、一説によると?
昔、二口峠の磐司に兄の磐司が、綱木の蕃山には弟の磐三郎が住んでいました。
ある日 雲居和尚というエライ僧侶がやってきて 蕃山の東の麓に大梅寺を建てようとしたのですが
天狗が現れて、昼夜となく 様々のいたずらをして邪魔をします
そこで 磐司磐三郎が天狗を追い払いました めでたしめでたし~。
というのです。

しかも
この山のお堂には 磐司磐三郎を祭った像があるというではないですか ♪

なんと 灯台下暗し!!
そりゃ~ 行ってみないとなんねーべ。
と いうことで ♪。

b0119620_153352.jpg
今回の お供は(も?) アイたん。
(モエモエファンの皆さまスイマセン..

登山情報をネットで検索~☆
鼻歌交じりで出発したのですが?
b0119620_1516093.jpg
登山道入ってすぐは うっそうとした杉林で。
標高は356mと決して高くないのですが このあとすぐに急登が続き。。
モエ山とは違う体力が必要でした~ ヘロヘロ..

んでも~ ♪
尾根に出ると そこは気持ちのいい緑の回廊
b0119620_1518940.jpg
風が心地よかったですね~

だけどね‥
ルンルン ♪ で歩いていたら!!?
数メートル手前に とぐろを巻いたヘビが。

マムシぢゃないけど
朱色と黒のマダラ模様は とても人畜無害な風貌には思えず。。
コイツをまたいで通る気にはなれないし。。
かといって ここまで来て帰るなんてヤだし‥
ん~。 

考えて
ちょいとヘビさん、どいて下さいな‥
と 近くにあった棒切れで チョン。っとしたら!!?

グワっ!!
と鎌首もたげて こっち向いちゃったぁ..

ひょえ~んっ。 予想外の展開。。
しかも ただならぬ事態に気がついたアイが ヘビの向こうから
何々??と戻って来ちゃって..

ちょっと、マテッ!!
(藍たん、アンタも危険だけど 今は私が危険なのですよ~)

と 静止する。
アイも事態を把握したのか?
まり蔵vsヘビ を傍観するかのように その場でフセして目がランラン。

こうなったら 後に引けない‥
どうにかして コイツに去ってもらわねばっ!
んでも‥
ビヨ~ンと こっちに飛んででも来たら (恐~。
と チロチロ舌を出すヘビたんを前に 凍りつくまりぞ。

んで。
棒がダメなら コレでも喰らえぃ!! と思いつたのが?
足元に散らばる 腐葉土。
飛び掛られても 大丈夫なくらいの距離を取って
ヘビたん目掛けて 蹴りかけた!!

そしたら ますます 鎌首もたげてるし...

だけど?
バラバラと降る敵たちに 照準を合わせかねているかのように
右に左にフラフラしてる?
ヨーシ。 行けッ、アッチ行け!! と 2回、3回と蹴りかけてるうちに
ようやく 降参して林の中に消えて行きました‥
そこを さっき持っていた棒で ペシペシ叩くまりぞ。
勝利の喜びです☆

(決してそんな事はないと思いますが 皆様は真似をしないでください(笑)


そして 意気揚々と 尾根を進み
なにやら気になる小路を分け入っていくと!!?
b0119620_1556176.jpg
みはらし台に到着~☆
それまで 木々に阻まれて ほとんど景色は見えなかったけど
突然開けたここからの眺めは サイコ~☆
けっこうカスミがかかっていましたが 太平洋も見え
七つ森や泉ケ岳、舟形山も良く見えましたね~
空気が澄んでいれば 月山も見えちゃうかも~。 

アイも おつかれさん
もうちょっとで 開山堂だかんね~
b0119620_161489.jpg
と 景色を眺めながら
同じおやつ(ブドウ糖)と同じ水筒の水を分かち合う 至福の時。

またまた 長くなっちゃったので
後半につづく のだ。
 
[PR]

by mari-zo | 2009-05-21 16:03 | 近所
2009年 05月 20日

キラキラな朝☆

自分のブログ 読み返してると
なんだか モエたんの陰が薄いのね~ (焦。

モチロン、元気でっす!!
トマトの苗床 喰ったり‥ 藍のゴハン 狙ったり‥
ま。 諸々ありますが(苦笑 

そんな モエたん
今日も 公園で ディスク、ディスク~☆
b0119620_10524018.jpg

そして
アイとも仲良く ガウガウ~.
b0119620_10571012.jpg
さすがに追い足は アイにかないませんが
モエ~!! アイ~!! と言いながら 投げ分けてあげると
譲り合って 楽しそうに 走ってます

アイもだけど モエも成長するのね
ん~。 感無量‥☆

だけど? スタンバイは
b0119620_1111126.jpg

b0119620_1114452.jpg
ぜったい モエが こっちなのっ!!
と 手前のポジションは 譲りませんっ

そして
アイに投げた時でも 一緒に ピョンピョーン と走っていって?
b0119620_11114818.jpg
んで アイが戻ってくる前に 帰ってくる。。
キャッチもしてないのに とっても楽しそ~☆

ディスクが なにより大好きな モエモエなのでした。
b0119620_11172776.jpg

 
[PR]

by mari-zo | 2009-05-20 11:20 | 近所
2009年 05月 19日

家庭菜園

コレ‥。
b0119620_12463241.jpg
ワサビでは ありませ~んっ ♪

数年前に植えた パセリ殿
今年も 元気に冬を越し
ワサワサと元気に葉っぱを提供してくれています☆

これで3年目。
根っこは 年輪?を重ね ワサビのようにぶっとくなってきて
ちょっとや そっとじゃ 枯れそうにナイ。
このまま ず~っと 収穫できたりして☆

そんなんに アジをしめて?
今年は沢山 苗を植えました!!
定番のキュウリ、青じそ、しし唐、フルーツトマト、ブロッコリー..
しかも 最近お山で 山椒と三つ葉のありかも見つけました☆
これで ミョウガもあれば最高なんだけど‥

めざせ!!? 食料自給率UP!!
[PR]

by mari-zo | 2009-05-19 13:00 | おウチ
2009年 05月 18日

やっぱり サイコー☆

静岡から帰ってきて すぐ
ヒートがはじまっちゃって。
なんだかアンニュイ(死語だったりして?)な藍でしたが
だいぶ 調子が戻ってきたので

久々に 行ってきました~っ☆

b0119620_2325165.jpg









いてきたど~。

そう。 モエ山草原です!!
b0119620_23152947.jpg















← わ~い。

しばらく 行ってなかったら?
b0119620_234376.jpg
牧草がボーボーに伸びちゃってて

ちょっと あいたん、 走りにくい??

って~心配は 必要ないっか‥。

だって
b0119620_2365473.jpg








草原サイコー☆

と さけんでおりました~。

そだね。 ホントいつ来てもココは気持いいねぇ。
(んでも、あいたん、のどち〇こ見えそだよ..?)

そういう まり蔵も あまりの気持ちよさに
いつもの事ながら 長居しちゃって

ふと見たら‥?
b0119620_2321479.jpg
飛行機雲で 空に大きな 矢印だぁ..☆

不思議~。

あの矢印の方向に行けば 何かあったりして


ん~‥。


クマ? (笑
 
[PR]

by mari-zo | 2009-05-18 23:24 | 近所