まり蔵のワンコ☆ライフ

mariwanko.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅。( 67 )


2009年 05月 27日

またぎった週末 ~春の味覚編~

そいで。

そこで早速 採れたての山菜たちを 調理にとりかかる。
b0119620_8242796.jpg
その辺の枝を取ってきて お馴染みのトライポットをこさえ、
脇の沢水でお湯を沸かす☆
なんと無駄のないっ!! いつみてもホレボレです。

そして 今回感動のお味だったのが コレ↓
b0119620_82949100.jpg
何かを焼いていますね~。

何かというと?
b0119620_8304292.jpg
なんと! ウド の丸焼き~!!
焼けたら 皮を ピリ~っとむいて 味噌付けて 食べる!!
これが何ともウマウマなんですね~ ♪
採れたてで瑞々しいから 生でも全然アクはないんだけど
コレを焼くと あの独特な香りが立ち さらに甘みが!

端っこ食ったら また焼いて 食す
んで ビール飲みながら また焼いて~..
下ごしらえ そっちのけで 一人晩酌(あ、昼酌か。)状態です(笑
ウド、大好き☆になりました~!!

んで?
この日のメインディッシュは 馬鍋だったんですけどね
暖かい汁に 夢中になって食べてたら お写真がないんです‥
もちろん、ンマンマでした~☆

この馬鍋、この辺では 『なんこ鍋』 と言うんですね~
そういえば
昔 阿仁で鉱山が盛んだった頃 鋼夫特有の病気が流行って
当時赴任してきていた医師が診たところ
馬肉を食べれば良くなるのだけれど
この地域の人たちにとって 馬は共に労働する家族のような存在。
そこで 馬肉のことを「なんこ」と言い換えて 食すことになった‥
という話を聞いたことが ありました。 (こちらも諸説あるようですが。)

そんな事を思い出しながら
アイコ、ミズのおひたし なんかも平らげて その場は撤収~ となったのですが?

そのあと またぎ小屋に移動して
こんどは こちらの収穫~!!
b0119620_8565660.jpg
ワラビでっす!!
さっき もうこれ以上持てなーい と思ったハズなのに‥
この あまりにも立派なワラビを目の前にしたら ついつい手が。。。
この1本でおしまいにしよう。 と思っても
形のいいのが目に入ると またつい。。

と なんとも 贅沢な時間を過ごしたのでした ♪


んで~
夜は夜で懇親会。 校長先生を囲んで 山の話、 農業の話、 もちろんクマの話も☆
聞きたいことは それこそ 山ほど(笑)あり 気持ちははやるのですが
いつも私だけ 質問攻めにしてしまい 他の参加者に申し訳なく
でも やっぱり聞きたいっ!! と モンモンとし夜は更けていったのです‥

つづく~
[PR]

by mari-zo | 2009-05-27 09:36 | 旅。
2009年 05月 26日

またぎった週末 ~春の収穫編~

ただいまです~。

予告どおり 行ってきました!  ☆またぎの里☆
お天気は あいにくの雨.. でしたが
それもまた普段では味わえない ワイルドな感じで ♪
野性味あふれる 週末となりました~★

今回の塾のテーマは 『と山菜を探す旅』 だったのですが
クマ穴方面はかなりの急斜面.. 雨で滑落の危険があるのと
雨音でお互いの気配がわからず クマに遭遇する時は直近になってしまう
という事で
クマ穴方面には行かず。
残念でしたが そうでしょう、そうでしょう。 と納得のまりぞ。
さすがの私でも あの雨では 山に入りませんもの。。

それでは 写真多めで どど~ン と ご紹介。

んで 一行が向かったのが とある沢。
しかも? そこまでは里から距離があるということで
移動手段が 
b0119620_1163875.jpg



















←コリ。
なんと あこがれの 軽トラ☆
もちろん 箱乗り状態。
荷台につかまって ヒャッホーゥ ♪ ですよ。(笑

小雨でしたが 前を向いてると けっこうな水量で 顔がダラダラ..
しかも 林道なので 右から左から 枝が襲ってくる~!!
危ないっ!
こんどはそっちだっ!!
なーんて言いながらも もっと枝来ないかな~ とワクワクです。

終点に到着すると?
b0119620_11244310.jpg
例のブツを 流水で冷やし(笑
(そーいえば 冬は雪で冷やしてたっけ。)

そこからは
b0119620_11255290.jpg
清流をさかのぼって ドンドコ進む。
途中、 クマの通り道 や 石の渡り方を 教えてもらいながらも
さらに 奥へドンドコ。

んで そろそろ? という所で
校長先生から 山菜のレクチャーをいただき
b0119620_1133133.jpg
(上から アイコ ウド ミズ。)
獲物を求めて一気に散らばる 山菜ハンター達(笑

今まで山菜といえば タラの芽、ワラビ、ミズくらいしか採ったことがなく。
最初は みんな ただの草に見えてましたが
レクチャー後 周りを見渡すと?
アイコだらけだぁ ♪

そして ウドは‥
あ! あったァ!! 人生初のウド~ ♪ とルンルンで持って歩いてたのに‥?

校長先生が来て 「何もってら~?」と。

「え? ウド。 ??。」と まりぞ。

すると ニマ~っと笑って
「ちげ~。 ステ、ステッ。」(違うってば。 捨てろ、捨てろ。) と言うではないですか。

絶対 ウド だと思ったのに。。
なかなか 難しいのね。。。

そんな事を繰り返しながら さらに上流に行くと?
b0119620_11535738.jpg
なんと!! まだ雪が残ってました~
しかも かなりの厚さ。
その斜面を見ると そこだけ大きな木が生えていないことから
どーやら 雪崩頻発地帯のようで。。
圧縮されて カチンコチンになった雪の周りは フリーザーのように冷気が漂って
さらに ヒンヤリしてましたね~

そんな中
b0119620_1157159.jpg
季節はずれの ヒラタケ発見!!

b0119620_11593631.jpg
猛毒のトリカブト..も 教えてもらい

もう 持ちきれないっ!! ってくらい収穫して
b0119620_1211340.jpg
ベースキャンプに戻ってきたのでした☆

つづく~
[PR]

by mari-zo | 2009-05-26 12:05 | 旅。
2009年 05月 06日

帰ってきましたっ!!

帰ってきました!! エクの旅。

やっぱり渋滞でした。。
しかも行きは渋滞予想を入念にチェックし
できるだけ避けようと考えて 1日夜に出発したのに。。?

東北道は 交通量が多かったものの順調で
首都高も 快適に走れていたのに

東名への入り口が近づいて来た途端!!

テールランプの 赤い嵐が‥

ぎょえ~!! もう始まってるぅ...。

と思ったものの しかたない。 (時刻はAM2:00)
標示を見ると 25kmの渋滞で 御殿場まで2時間~3時間みたい。
んま、それを過ぎれば緩和するでしょ、
と ノロノロ‥ ノロノロ‥

そのうち 夜が明けてきて?

富士山もきれいに見えてきて?
b0119620_1122475.jpg
それでも ノロノロ‥

朝ごはんの時間だけど
パーキング前も1kmくらい前から 路肩に入庫待ちの列が‥。
そんでも ワン出しの為に並び、
次はいつ降りれるか解らないので 人もトイレに並び、、。
これ以上混む前に少しでも走らねばっ と また渋滞に戻る。。

いつ終わるとも知れない渋滞にハマリ続け、
東名川崎~吉田ICまで
通常なら2時間くらいで来れるところを
結局 この日の所要時間 8時間。。
それもそのはず
あとで Yahooニュース見たら この時間帯が一番最悪で。

最長渋滞距離77kmだったそうな。。

そりゃ~ 進まない訳だ。

振り返ってみれば
仙台を出たのが夜10時、御前崎に着いたのが昼の10時。
b0119620_11383669.jpg
ここまで12時間かかりました‥。

人間はヘロヘロ。。
ワンはホッ。としたようで ♪
b0119620_11375080.jpg
気持ちの良い海沿いを しばらく散歩し

藍は 波にケンカ売って リフレッシュ☆
b0119620_11404360.jpg

翌日に備えたのでした

つづく
 
[PR]

by mari-zo | 2009-05-06 23:45 | 旅。
2009年 04月 22日

くらかけ山~◎

里帰り話を もうちょっと。

なめとこ山に行けなくて ガッカリで
しかも「ついてない日」のせいで ウップンがたまり..?
どーにも こーにも
どこかの山に登らないことには おさまらな~いっ
とモンモンとするも その日は夜から雨。。

ようやく止んだのが 翌朝9時過ぎ。
だけどやっぱり 山行きたい病は治まらず。。
で。 考えた。
ん~.. 今から行けるトコで
雨上がりでも危険じゃなくて‥‥

あ。!!
そだ。 鞍掛山だぁ☆ 

と思いついた。
そこは 雫石にあって整備されていて
スノーシューのできる山として以前から気になっていたし
父親もおススメっていってたし ♪

しかも 『なめとこの山』 と同じく 『くらかけの雪』として詠んでる宮沢賢治ゆかりの地。
近くには 盗森 狼森 など
童話のタイトルになった地名がゴロゴロしていて
地図を見ているだけで おもしろいのだ。

さっそく ブ~ン..と車を走らして
取り掛かった。
(登り口は小岩井大会でおなじみの相の沢キャンプ場なのだ)
登山道を歩き始めて まもなく見えたのが?
b0119620_18234433.jpg
クマ注意の看板☆
ハイハ~イ。 かなり気をつけて見てますよぉ~!!
雨上がりだし どこかに足跡 ないかな~ ど かな~。
とワクワク登っていった。

西側ルートは なだらかな道から 急な階段まで
起伏に富んだコースで なかなか面白い◎
途中では b0119620_1828778.jpg
こ~んな 見晴らし台もあって 小岩井農場が一望できるのだ☆

んで そこをさらに登っていくと
b0119620_18301850.jpg
上の方はけっこうな残雪でしたねぇ。。

雨で溶けた ザラメ雪に足をとられながら
ヒーコラ登り ふと脇に目をやると??

!!!。

クマのンコだっ!!。
それが タンマリ もよおされておりまして
おおぅ。 この辺のクマさんも せっせと活動してるのね‥
と 感激しながら メジャー片手にいそいそと撮影する まりぞ。
(掲載はしませんよ~ 安心してください(笑)
そして 周辺の雪上を確認するも 足跡などは見つけられず。
後ろ髪をひかれながら 頂上を目指すことに

そして 到着~◎

でも?
b0119620_10211733.jpg
予想通り ガスってて 何も見えず。。
だけど 山頂の気温は15℃以上もあって 山頂の地面からも湯気が立ってるし。。
あたり一面真っ白で 何かに包まれているような不思議な感覚‥
んでも よく目を凝らすと 
次から次へ 物凄い勢いで 雲が上がってきてて恐いくらい。

本当はココから ぐる~っと
b0119620_1026469.jpg
沢山の山が拝めて
目の前には どど~んと 岩手山が見えるハズ‥
だったんだけど さすがにこのガスでは無理っぽい。
んま、来れただけでも良しとしますか ♪

と 山頂で遅めのお昼を取ることに。
そしたら?
勢い良く走っていた雲達が 交差して??
一瞬 岩手山側の空が見えた!!
b0119620_10301923.jpg
と同時に 山裾がチラッと見えた。
おおぅ♪ 岩手山近け~!!
そこに見えたのは 想像以上に近くに迫る山肌で
樹木の1本1本、ゴロゴロとした岩肌まで クッキリと判別できるほど目の前で
噂には聞いていたけど こりゃ、想像以上なのね~♪
と 一人感動し もっと雲が開けないかな~..
と しばらく待ってみたものの

遅めのスタートだったので 無理は禁物!!
と あきらめ 下山を開始することに。
だけど
雲は上がって来てたし きっと待ってれば開けたんだろな..
とやっぱり 未練タラタラ。
後ろをチラチラ振り返りながら 降りていたら‥
やっぱり‥!
b0119620_1043944.jpg
木々の間から 悠然と姿を見せ始めた岩手山が。。

ん~。。 あれを山頂で見たかった。
でも いいんだも~んっ
また来るから ♪

と 次に期待する楽しみを味わった 鞍掛山なのでした~
 
[PR]

by mari-zo | 2009-04-22 10:50 | 旅。
2009年 04月 18日

ついてない日。。

里帰り中の ある日の事。

秋田のお祖母ちゃんの お見舞いにいくついでに

そうだ!! 『なめとこ山』 に行ってみよう!!! と思い立ち
チョッと調べて行ってみた。

なめとこ山は
宮沢賢治の童話 『なめとこ山の熊』 で出てくる山なのですが
賢治生誕100年の節目に
話に出てくる地名や沢、山の位置関係などから実際の山から同定され
今では地図にも載っている山なんです。

物語の中では 淵沢小十郎というマタギが
葛藤しながらも 生きるために熊を撃つ
とっても深イイ お話で。

最近 あきぴにその話を聞いたり、旅マタギさんのブログなんかにも出てくる事もあって
とっても気になっていたトコだったのでっす

今回は秋田に用事があるから 西側ルートで行ってみよう ♪
といそいそと出かけていった。
盛岡横手(県道1号)線は 何回も走った事のある道路だから大丈夫~☆
山伏トンネルを抜けて間もなくの県道を右折すればいいんでしょ~ ♪♪
と 余裕でドライブ☆
んで。 目的の「豊沢湖」の標示が見えた!

と 思った 瞬間。。
イヤ~な 文字も目に入った。。。

「冬期閉鎖」

ガ~ン。。

そっか。 そうだよね。。
雪国はコレがあるんだった。 すっかり忘れてたぁ!!...

だけど、あきらめきれない まりぞ。
いけるトコまで ズンズンと行ってみた。
が。
b0119620_22105583.jpg
やっぱり そ~だよね。 無理だよねぇ..
と思いつつも まだ諦めきれず ウロウロ。。
そしたら
監視員らしき車が来て ジロジロ見られちゃいましたっ..

そんで やっと 諦めがついて
んじゃっ しかたないから 近所の碧祥寺でも行きますか ♪
と また しばしのドライブ~☆

碧祥寺は沢内村にある お寺なんだけど
かつての住職さんが 物好き?で沢山の民具なんかを収集してて
その中に マタギの貴重な道具なんかも沢山あって
今では 膨大な量になった資料を5つの資料館にまとめて一般公開もしているのだ。
その中に マタギ館があり、なかなかの見ごたえなのです!

が。。
車でお寺の境内に入っていったら いつもとなんだか様子が違う?
b0119620_22184869.jpg

‥‥。
イヤ~な 予感がして 受付を見ると??
「定休日」の文字が。。。

ガ~ン。。

そ~だった。 そ~だった。。
平日動く時は コレに注意が必要だったんだ。。

が、休日開けててもらってるんだから しかたない。
どうぞ、ゆっくり休んでくださいな。
と 諦め

お祖母ちゃ~ん さっさとお見舞い行くからね~◎
と 北上し秋田へ向かうことにした。

あ~あ。 今日はツイテないな‥とため息をつきながらも
そそ。 今日はお見舞いが目的なんだも~んっ と
車を西に走らせる。

と?
途中で道端に 白と黒の車が停まってて
ん~? 何してんだろ‥
と 思いながらも 
ブ~ン.とそのまま通り過ぎた

その瞬間!!
赤いランプが点灯?

え゛。

ガ~ン。。

やってたんですかぃ。。

そりゃぁ、 私ですよねぇ...。

と あえなく御用となってしまったのでした (悲。。
点数はど~でもいいけど 反則金がぁ。
定額給付金 楽しみにしてたのにぃ。。 これで全額なくなっちゃうぢゃん。。。
切符切るなら さっさと切ってくれぃ!!!
と 潔く従ったものの

この日の あれこれを思い出すと
ササクレ立った気持ちがど~にも 抑えられない。
んで 
いままで 1度も見た事のなかった
刺巻湿原のミズバショウを見に寄ってみた。

ら。
車を降りた瞬間から 辺り一面ミズバショウの香り~☆
んで この日はまさに満開で。
b0119620_22401154.jpg
キレ~☆
b0119620_2241039.jpg


園内は 木道の下を 透き通った水が流れてて
とってもいい感じ。
b0119620_22422394.jpg
お祖母ちゃんの家を思い出しました (クスン。。

そして ミズバショウに混じって
ザセン草も ♪
b0119620_22434049.jpg
この花は まるで人が座禅しているような形だから そうなんだって~
なるほど‥
と しばしの休憩で癒され
ついてなかった日も なんとか穏やかに 過ごせたのでした~
 
[PR]

by mari-zo | 2009-04-18 22:50 | 旅。
2009年 04月 15日

帰ってきましたっ☆

帰ってきました~っ☆ 里帰り☆☆

今回は学生の時の友人が 仙台に遊びに来てくれたので
んじゃぁ♪ 当時サークルでつるんでいた友人にも
バビュ~ンと 会いにいっちゃう??
っと ついでにいっしょに里帰り~☆

正月に帰ったときには 久々に部室を見に行ってみたんだけど‥
b0119620_13293265.jpg
残念ながら そこはもう使われていないようで..
そういえば 最近OB会報も送られてこないし
もう廃部になっちゃったのかな...
なんて淋しい気持ちになってたんだけどっ

なんの、なんの。
女三人衆 会えば昔に逆戻り~..
かれこれ10年以上も前なのに (年がバレるぅ..
お互い遠慮がない。。 (爆

友人の 6ヶ月の女の子も
いじくりまわして来ましたよ~!
b0119620_1232840.jpg
変ガオも ドアップ。。


b0119620_1205336.jpg
泣いたって 容赦ない撮影隊。。。


b0119620_11592761.jpg
ホントは こんなに カワエエのだ☆☆

写真送るからね~☆
 
[PR]

by mari-zo | 2009-04-15 23:09 | 旅。
2009年 04月 14日

ただいま里帰り中~

b0119620_15174271.jpg

春の陽気につられて?
只今里帰り中~

昨日は懐かしの『福田パン』にちょこっと寄ってみた!
高校生の頃、購買に来ていた福田パン♪
ここは注文してから目の前でコッペパンに好きな具を詰めてくれるお店☆
そのコッペパンがフワフワで大きくて、もちろん美味しくて
たまらないのだぁ!!
あんバター.よく食べたな..

今回 向かったのは?
福田パン本店☆ お店が新しくなってましたっ!!
そして今回は
当時は高級で とても手が出なかった コーンビーフ

んま~っ!!☆

直かぶりお写真で失礼しまっす
[PR]

by mari-zo | 2009-04-14 15:17 | 旅。
2009年 03月 23日

山梨への挑戦☆ 下見編

んで。
入笠の午後は 藍ちゃんタ~イム!!
★県内一のロケーション★と 評判の八ヶ岳自然文化園内のドックランへ。

んが。。
冬季の平日ということもあってか 
着いてみれば 園内はひとけも無く、開店休業状態で。。
確かに広いドックランでしたが
それ以上に閑散とした 園内の状態に わざわざ柵の中に入る気も無くなり
フラフラと散歩に歩くことに。

b0119620_22494012.jpg
この辺は ホント白樺が多いのね~♪

公園から八ヶ岳農場につづく散策道からは
またまた ステキな山並みがgoodで◎
b0119620_22535268.jpg


そんなこんなで 楽しみながらも
夕方にはエク会場の下見に~☆

会場は清里高原内にあって
雰囲気の良いレストラン や
b0119620_22591078.jpg
(八ヶ岳倶楽部HPより)
カフェ、パン屋、博物館etc.. が沢山!!
いいな♪ いいな~♪ と思いながらも 結局どれ一つとして立ち寄れず。
ってか、遠征行くといつもそう。
大会会場に1日中いて 観光なんてした事がない。。
結局 それってあんまり興味がないってことなんだろ~ね~.. 

あ゛~ でも八ヶ岳倶楽部は行ってみたかったな‥
通りがかって見たけど かなりお気に入りになりそうな雰囲気でした。

そして、そして~?
今回の会場は 清泉寮というトコのすぐ近く。
砂利道をグングンと入っていった つきあたりの広々とした場所で。
アメフト場との事でしたが 周りは完全に牧場。。
しかも!! 入り口では なぜか‥
b0119620_23203810.jpg
ダチョウがお出迎え~☆
 
なんだか不思議なトコなのでし。

下見をして これで明日の開会式は大丈夫!! と安心。安心。
それに 夕方くらいから なんだか藍のお腹の調子も悪いみたいで.
そうだね、疲れたよね。 今日は早く休もうね~

早々に 温泉入って寝ることにしたのです。

が。。

山梨への挑戦☆ 練習会の朝事件 へ つづく~
 
[PR]

by mari-zo | 2009-03-23 23:30 | 旅。
2009年 03月 22日

山梨への挑戦☆ 入笠編

無事かえってきました~っ (ホッ。)

数年前のジャパンファイナルでは
乗る高速を間違えて
開会式には間に合わず。
水戸に行くはずが 首都高に来てしまい‥
北関東を爆走して
半泣きで会場入りした 苦い経験のある私が。


なんで ひとりで 山梨県入笠山に登頂しているかというと?

なんと!
エクストリーム関東地区大会に行ってきたのだぁ~!!

んで。
節約旅行だけど せっかく行くなら 何か観光的なものを♪
と 思い立ち、 山梨・長野あたりだと景色がいいかもねぇ..
と コツコツと調べて ちょうど良いトコを発見☆
ガイド無しでも気軽に登れて 今だとスノーシューのコースが出来てるらしい☆
今年のまり蔵にうってつけ。

そんなんで いそいそと前日に出かけていったのです☆

木曜の22:30に萌家を出発~!!
深夜割引をフル活用して 八ヶ岳PAに到着したのが3:30★
(甲府盆地の夜景がキレイだったな~)
んで、富士見パノラマリゾートから朝イチのゴンドラに乗って スタート☆
今回は 終着駅から往復3時間の簡単コース。
b0119620_18495375.jpg
寝不足のせいか
ゴンドラの中でみる八ヶ岳に すでにテンションmax!! な まりぞ。
降りるや否や さっそく山頂を目指してGOGO!!

登り始めは なだらかな道が続き
b0119620_18591944.jpg
途中の湿原では白樺林がオサレな感じ~。

だけど、そこからの傾斜がキツかった。。
何度も 何度も 何度も休み‥ 
アミノバイタルを飲みながら 山頂を見上げては
気合を入れて 登ってきましたっ!!
b0119620_1951977.jpg
(山頂の標識が見えた一瞬☆ 空が青~っ)

そそ。
なんで この山を選んだかというと?
山頂からはなんと!! 360度パノラマビューなんです♪
b0119620_19155537.jpg
こーんな感じで
ぐる~っと 見渡す限り景色が開けていて 名だたる山が一望できるのだぁ!!!
あこがれの 南アルプス・中央アルプス・北アルプス.. 八ヶ岳に富士山が一時に拝めちゃう。
行かずして 行った気になれちゃう お得スポット☆

当日は 雲ひとつない快晴で。
南アルプスは クッキリ~
b0119620_19171625.jpg
甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳がカッコイィですねぇ..

中央アルプスも よく見えました~♪
b0119620_19213019.jpg
あれが ウワサの千畳敷カールかぁ..

北アルプスは‥?
b0119620_1957074.jpg
美ケ原あたりまでは 見えたけど
槍ヶ岳までは 判別できず。 残念~。。

んでも、 いままで縁の無いと思っていた 銘山たちを生で見る事ができて
大・大・大満足~☆

b0119620_19345623.jpg
それも きっとスノーシューのおかげ。
山で会った人たちもみんな それぞれの雪山を楽しんでいるから
それぞれが自然と笑顔の会話がはずむ。
「山頂まで行ってきたんですか~」
「この辺にクマはいますか??」 (←まりぞ。笑)
「山頂に雪 残ってましたか。」
「今日は富士山見えましたか!?‥」
「いい写真撮れましたか?」
一人旅なはずなのに 全然淋しくなんてない。
それどころか
なんだか 心温まる
とても ステキなひとときを過ごしたのでしたーっ。


山梨への挑戦☆ 下見編 へ つづく~
(のだ。)
 
[PR]

by mari-zo | 2009-03-22 23:01 | 旅。
2009年 03月 19日

もうあたまなんていたくないのだ

b0119620_2055571.jpg

本日午前10時。
登頂に成功いたしました~っ!
‥って たいした山じゃないんだけどっ!

んでも
きもちいーっ!!
正面に見えるのは八ヶ岳。
伝説によると 本当は富士山より標高が高かったそうな
だけど
それを嫉妬した富士山が
ぶっとい棒でぶったたいて
今のかたちに割れてしまったそうな。

おもしろ~ぃ♪
[PR]

by mari-zo | 2009-03-19 20:05 | 旅。