まり蔵のワンコ☆ライフ

mariwanko.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 19日

しんしんと. .

ここんトコやっと、雪がふる日が何回かありました。

風のない夜
雪の降るなか、散歩するのが好き☆

シーンと静まり返った道を歩いていると
何キロも離れた電車の音が聞こえたりする。

グレーに続く道が
街灯の下だけボヤ〜ッと白く輝いて♪。





その下に行くと
遥か上空から降ってきた雪の一枚一枚が
街灯に照らされた瞬間から 急にまぁるく出現するの。

風のない日の雪は、
配列まんま降ってくる。
雪粒があまりにキレイに並んで近づいて来るから
あっちが降りてきてるのか
自分が宙に浮いてッているのか わからなくなるような気がする。
そしてパサッ. .パサッと積もってゆく音が聞こえるぅ〜。

な〜んて 詩人的まり蔵ですが
何とか降ってる雪を食べようと
上を向きながら
うらうら怪しくあるっております。

雪粒は不規則な動きをするから意外と難しくて
不意に鼻の穴にスポッ☆と入っちゃったりして
ビックリするんだけど
すぐにじわ〜っと解けるから 
一人で安心ニンマリしたりして、やっぱり怪しいまり蔵なのです。
[PR]

by mari-zo | 2007-03-19 10:07 | 近所


<< 『不都合な真実』      バトン☆ >>