まり蔵のワンコ☆ライフ

mariwanko.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 17日

雪崩回避 で ワッフ音。。

先日の事。

最近だいぶ気温が緩んできたので♪
今シーズンのスノーシュー散歩も 残りわずかかもー。 
と出かけたのですが
途中の道路が 『雪崩により片側交互通行△』 になってて。

そっか~。 ここは急斜面だからなー。 巻き込まれなくてヨカッタ。と
そそくさと進んで行くと‥ 今度はパトカーが。

なんだ? こっちでは事故か?? 危ないねぇ.
なんて思ったら、
ナント‥ たった今 ここでも雪崩があったそうな。
で?
今から この先通行止めにするから通れません! とな。

そーでっか。。

それなら仕方ない。 と 引き返して近くのエリアへ。

そこには誰も居なかったものの
少し前に作られたと思われるカマクラ発見★
b0119620_2314339.jpg
もはや お約束となった(笑) 『ハウス』  して~

キャッキャ、キャッキャ♪ と お散歩を楽しんでいたら

突然 大きな音が。

したような。。

気がして。


アレっ? と立ち止まったのですが、
聞こえた音は 今まで聞いたことのない、音といえば音の様な‥風の様な‥。

モエアイ放牧で一番気を付けているのは モエの脱走?もだけど(苦笑) 猟師さんの存在。
え゛、、 今のは銃声か? 全然「乾いたパンパン音」ではなかったけど‥? 何かの破裂音のようだったかも?。

まさかと思いつつも (今日はオレンジ来てないし) 念のため周りを見渡す‥

しばらく周りの様子を伺っていたのですが、どーも それらしきお方は見えず。

なんだったんだろ‥ やっぱり空耳だったかな.
と 再び歩き出したら

今度は ハッキリ聞こえた!!



けど‥ どこから聞こえたんだ?

なんとも 方向性の定まらない音で、
この辺一帯で共鳴したような、、やっぱり空耳の様な..
強いて言えば 体育館の中で車のドアを閉めたような、強風が0.5秒だけ吹いてピッタリ止んだような...
とにかく 言葉では表せない音なのですが、フツーの音量はあるんです。

そして、その音がする度にアイが駆け寄って来るので 私の空耳でもないと思うのですが、、

なんか キツネにつままれたような感じ。。

ん~。。。
と思いつつも また歩き出したら、 また!!
3度目にして気が付いた!!
これって、足元から聞こえてる‥!!?

と 観察すると、、
b0119620_2336354.jpg
柔らかい雪を踏み抜いた断面に 空気の層を発見。

あ‥
コレって、、雪崩用語?でいう 『弱層』 ってやつだよね?? 
”かろうじて均衡を保っていた積雪面に人間が刺激を加えると そのバランスが崩れて雪崩が発生する.”
とかナントカゆーようなメカニズムは 常識として知ってるんだけど
弱層だけなら 今までもよく見かけたけど?‥。 

でも
付近では雪崩が頻発してるんだから‥ 
ここは平地だから危険でないにしろ 状況的には同じか。

ん~‥ この感じだと
足で雪面に穴を空けた時に 中のエアが一気に抜けたりして音がする‥ とか、かな~‥?

と 歩いてきた跡を振り返ると
b0119620_23423535.jpg
スノーシューの周りの雪が沈んで 表層に大きなクラックが入っている所も。。

こういう現象は 一度溶けた雪が固まったとき(モナカ雪)にもよく見られますが、
この日は気温も高く 表面の雪はグダグダ の メトメト.. なのに これだけ凹むという事は‥
なるほどー。 内部で「事」が起こっているということか‥?

こりゃー危険だわ。

と判断して
この日は安全エリアだけ散歩して帰ってきたのです。

そして 家に着いてから
そーいえば、雪崩の前に音がするって言う話、聞いた事あったような、、 と 調べてみた。
ら‥? 
載ってました!! 自分の持ってる本に。(爆)
ワッフ音:『雪の上での歩行時に積雪内部から聞こえる音で、人間の体重で破壊する弱い層の存在を表している』: とな。
積雪の安定性を評価するための指標としては常識らしい。。

でも‥ その紹介文はこれだけの数行、、
特に 「どういう音」 という説明もないのですが あんな音なのでしょうか。。

YouTubeで検索してみても ヒットせず。

とにかく 貴重な体験をしました。
みなさまも気をつけて~

 
[PR]

by mari-zo | 2012-03-17 00:13 | 近所


<< 真夜中の訪問者。      冬眠は明けたのか!? >>