まり蔵のワンコ☆ライフ

mariwanko.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 27日

被災地にも冬がやってきました。

週末は まさにクリスマス寒波‥
全国を 強烈な寒さと風が吹き抜けたみたいですねー。

しばらく前から
ここ秋田も連日暴風雪な予報だったので
んじゃぁ、天候が悪化する前に県外へ脱出? 
んでもって、宮城で豪遊~関東で観戦 あーんど参戦?(笑)
そーやって、ほとぼりが冷めたころに戻ってくるのもイイなー‥ と妄想を膨らませていたのです

が、、

その数日前
ちょっと雪が降っただけなのに まんまとやってしまいました‥
b0119620_17174476.jpg
見ると 私でも判るほど 致命的な穴が。。
こうなってしまうと修理は効かず、交換するしかないそうで、、
スタッドレスタイヤは他のとパターンが違うと 効きも違うから危ない とかで。。

で。

数日かけて 関東からお取り寄せー。。
って事で、、、

妄想していたプランは 泣く泣く変更‥

秋田中央交通さんにお世話になることに~。
そうなると アイたんはお留守番なので、関東は諦めざるを得ませんでした (号泣~..

んでも☆
着いたその日は 仙台で同期会。
10年ぶり?の再会でしたが やはり気になるのは震災当時の事。。
どこで何をしていて、どこに逃げたか、、 家は?家族は??‥etc..
津波で車を流されてしまった(その率、5人中3人!!)とか、
仕事も非常に厳しい..とか、 シングルになった..(驚!)とか、
話題は決して明るくはありませんが
一時期は共に戦った同朋ならでは?遠慮なしに報告しあい(爆)、無事再会できたことを喜び、呑む!!
とても心地よい時間を過ごしました。 諦めずに行ってヨカッターッ☆


そして 翌日は 久々のワンニャン活動に行ってきました★

引っ越してからは 他のメンバーにお願いしていましたが
その後、あのワンコ達はどうしているんだろ‥?
冬になってツライ思いをしていないだろうか‥、、 そして被災地は今‥? と 
気になっていたので、ワンニャンの為というよりは 私の希望で連れて行ってもらう事に。

当日は 石巻地方でも最高気温が1~2℃という真冬並みの寒さ!! 
閑散とした地に冷たい風が吹き荒び、体の芯まで冷えました。。

こちらは
b0119620_18134771.jpg
モエアイ動産を大事に使ってくれている ムサシ君★
冬仕様の断熱材も入れてもらって、かなり脂肪もつけてもらって(笑) 寒くはなさそうでした。
(が。体重管理用フードをお渡ししながら、肥満の危険をそれとなく伝えてきました。わかってくれたかな‥)

こちらは宮戸島へ向かう道♪
海を埋め立てたかのよう? キレイに整備されてました!!
b0119620_18194992.jpg
これは雨や大潮の日も安心です!!

そして、そして~☆
会いたかったよー
b0119620_18204230.jpg
最初に訪れた時にお渡しした 怪獣さんが大のお気に入り☆
いつも得意げに見せてくれます♪
大型犬のシニアちゃんなので とっても心配していたのですが 元気◎
来月が12歳のお誕生日なそうです!! オメデトー☆
こちらもモエアイ動産を使っていただいておりますが やはりちょっと寒そう?
だけど
夜はバリケンに入れてもらって 仮設住宅内でお休みしているそうです!! ヨカッター☆

あちこち見ていると
仮設住宅も提供した住宅メーカーによって仕様も異なるようでした。
そこに家主さん達が色々な工夫を加えていたりして♪。 個性的に進化していました!
コチラは猟師さんならでは? の飾り付けが
b0119620_18282213.jpg
ガラス製のブイだと思うのですが、
家に下げることになにかの意味がありそう‥? 気になる..

そして まだまだボランティアさんの姿も。
b0119620_22171131.jpg
寒風吹き荒ぶ中、 手作業でガレキを集めていました。。
そう。復興が嬉しいスピードで進んでいる一方、
ふと目をやると 道端には津波によるガレキ、海の中にも錆びついた車や家屋の破片..
もう何度も通って 見慣れてしまいそうになるのですが 
やはりここは あの大津波が通過したのだという事を痛感します。。

そんな光景を一つ一つ確認するように、
ワンニャンcarは沿岸部を走り次のワンコの元へ向かいます。

b0119620_22265047.jpg
すっかり海と一体化してしまった街並み

b0119620_22265343.jpg
そんな中で営業を始める小売店。
できるだけここで買い物をすることにしていますが
すぐ脇まで海水が迫り、背後のアパートの屋根には まだ津波の忘れ物‥。

b0119620_2226478.jpg
ガレキの撤去が進んで 一段とスッキリとしてきた被災地。

だけど そのガレキは‥
b0119620_22265661.jpg
少し向こうに うず高く積まれたまま。
※白い建物の背後に見える小山は 全てガレキです。。

私の住んでいる県でも
隣県のガレキの受け入れについて 連日激しい論争が繰り広げられています。
ガレキがあっては復興がままならないのは分かるけど、、
それを おらほの町に持って来られるのは困る と言うのでしょうか。。
今年の漢字は『絆』だったのでは??
それもこれも福島の件が原因ですが、 それにしたって!!..(怒!!) と 
実際に行き場のないガレキを見ると 行き場のない気持ちが甦ります。。

それでも
b0119620_2227068.jpg
ラッキーの可愛い姿には癒され(笑)
まだまだ ワンニャンcarを待っていてくれるお宅へ急ぎます。

今回さらに痛感したのは 猫の事。
今まで犬だけだと思っていたお宅に1匹、2匹、、と家を失った猫たちが身を寄せて来ているのは知っていましたが
猫が猫を呼び、そうなると自然と子供が増え、、どんどん増えていました‥
避妊手術しないと大変な事になる‥ と獣医さんに行ったらすでにお腹に。。とか
子猫だと思っていたのに もう。。とか
自分の家の子は手術したけど 他所の子が家に来て生んだ。。とか
費用が掛かる事だけに 頭を悩ませているようでした。
[PR]

by mari-zo | 2011-12-27 08:43 | 震災関連。


<< いいなー。      雪国始動? >>