まり蔵のワンコ☆ライフ

mariwanko.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 04日

被災地のあれこれ‥。。 (拡散希望含む!!)

週末の救援物資活動は 
約1か月ぶりの南三陸町方面へ。

前回まわって 把握した 
在宅ワンニャンのお宅を再訪問して
そろそろ なくなってきたであろうフードの補充がメインです。

あれから 被災地も梅雨入りして
山の緑はますます濃くなってきましたが.
それと共に塩にやられた杉の木が見事に枯れてしまい、
b0119620_13133338.jpg
枯木を温床として 害虫が発生しないか心配されているようです。

志津川へ出る国道の橋は 相変わらずの仮設ですが
b0119620_13152927.jpg
その隣には ガードレール付きの 立派な橋が完成間近☆

よく見ると‥
b0119620_13155070.jpg
『明日へのかけ橋』!!
本当にその通りだと思います♪

1か月前に比べると‥

一軒家がまるまる乗っかった 屋上も 6/3のブログを参照☆)
b0119620_13183353.jpg
キレイに撤去され、

ブイやら何やらが ジャラジャラ引っかかった状態だった 6/3のブログを参照☆)
南三陸の防災庁舎も
b0119620_13211247.jpg
ゴミが キレイに取り除かれ、献花台が設けられていました..

こうして 一つ一つの建物や道路などをみれば
確実に復興しているのがわかるし、
町全体も ガレキが取り除かれてスッキリとした印象☆

なのですが、、
b0119620_13264116.jpg

前回いたるところに居た ボランティアさん達や自衛隊が‥ 

ひとりもいない‥。。
(ブログに掲載する写真には含めないようにしていたのですが
 前回来た時、現地には数百人規模の人々がいて、様々な活動をしていたんです..)


高速休日1000円が終了したので 
ボラさんの数は減っているだろなーとは思っていましたが
一気に自衛隊もいなくなってしまったのは 予想外で。 
聞くところによると 任務に一つの区切りをつけて、6月末で撤収してしまったそうでした。。

自衛隊がいなかったら ガレキ撤去や道路の確保は
これほどまでに進まなかったであろうことは 誰もが認め、感謝するところなのですが、

それでも まだこの状態..
b0119620_13415562.jpg
「これから どーするんだろ。」 
この状況を見た同志全員が 思わず口にしてしまった言葉でした。

ほんとうに この状態からどうするんだろ‥。


だけど その思いを誰よりも感じているのは
現地で暮らして行こうとしている被災者の方々。
ワンニャンcarは 前回と同じ段取りで在宅避難の方々を訪ねました☆

最初は
b0119620_1452645.jpg
とっても人懐っこいラッキー君★ を再訪問
先月は 親戚さんの家に預けられているというだけで 詳しい事は分からなかったのですが
今回は ちょうど良く飼い主さんともお会いすることができて 色々な話を聞けました ♪
前回渡してきたフードが とても大好きらしいという事。
地震直後、津波に気が付かなかった飼い主さんを ラッキー君が助けた事。
避難時に付けていたリードは 猫に付けたまま どこかへ無くしてしまい、係留チェーンで散歩していた事。
白い白いと思っていた毛は 本当はもっと白いのだという事(笑) など。
(背中の毛をかき分けたら、本当に輝くような白い毛でした!!)
なので
前回と同じフードを さらに1ヶ月分、
サイズが合いそうなブルーのハーネス と ブルーのリード、
井戸水は使えるそうなので、元の綺麗なラッキー君になぁれ♪ とシャンプー♪ などなど.
 
こうして 何度か尋ねるうちに状況がわかって要望も分かる ♪
やってて良かったー!! と感じる瞬間です。

そして 前回同様
b0119620_1453986.jpg
近くの集会場に 
先月の記録をみながら 再び 『置きフード』 をさせてもらったり

先月はお留守だったので
手紙と電話番号を添えてフード置いてきたお宅に伺うとb0119620_145539.jpg
飼い主さんと初対面!!
‥にもかかわらず、狂犬病注射の心配、歯石の事、トイレのしつけの事 などなど.
色々ワンズに関する心配事を話してくれたりして、
改めて継続して伺う事の 有効性を感じたりもします。
しかも コチラのハッピーちゃんのリード、
長年 糸や包帯で補強してきたそうで(苦笑)、今にも切れそうな状態でした!
早速、皆様に頂いた支援物資の中から サイズがピッタリな ピンクの首輪&リードセットをお渡し♪
とても喜んでくれましたー!!☆

そして コチラは
前回伺った際に私たちの活動の真意を追及されて (つまり不審がられて) 
ちょっと怖い思いをしたお宅(苦笑)
b0119620_1454687.jpg
その時は こういう活動をしている経緯、
他意はない事を丁寧に説明して 納得していただいたのですが(汗々)
今回伺うと 覚えて下さっていて、
先月置いてきたフードがとても良かった事などを 教えてくれて笑顔で喜んでくれました◎

その時にも 教えてもらったのですが
報道などで有名になってしまった ここ南三陸町、、
連日色んな所から人が訪ねてきて ボランティアなどのフリをしながら窃盗の下見をしたり、
詐欺など悪事を働く人間があとを絶たなかったのだそう。。
それでも
私たちが伺うと、大抵の方々は快く歓迎してくれていました‥



だけど‥

今回 とても心痛む事件が起きていました。。

(以下拡散希望です)
***************************

先月伺った時、タッチの差で
人間用シャンプーで洗われたばかりだった コーギー、サクラちゃん。。
b0119620_1512848.jpg
(その時の写真です。)
とてもおとなしくて可愛かったので 今回会えるのを楽しみにしていたのですが、
6月21日の夕方‥ 庭先から忽然と姿を消してしまったそうです。
お母さんが外出する際、サクラちゃんはいつものように庭先に居たそうですが 
外出から戻ってきたら もういなかったのだそう。。
(おばあちゃんは家にいたものの物音などには気が付きませんでした。)

先月私たちが訪問した時もそうだったのですが 来客があっても一切吠えたりはせず、
ノーリードにしていても どこにも行かないで玄関先で寝ているような とてもおとなしい子でしたので
飼い主さんは 「誰かに連れて行かれたとしか‥」
と 話していました。

コチラのお宅は 丘の上に1軒だけ建っているような所で
車で行けば 庭先で切り返してUターンするしかなく
奥まっているので 目的がなければ 人が来ないような場所です。
だけど
隣家の畑先を通って行けば、徒歩でも行けるルートがありますので 
震災後は 〇〇さんの家は‥? などと道を訪ねたり
私たちのようなボランティアなど、色々な人が ひっきりなしに来ていたそうです。

今回の震災と津波で 近所には不在のお宅が多い状態でしたが
コーギーはこの辺では珍しいので 連れて歩いていれば目立つはず。
そう思って地域一体の方々に聞いたそうですが 一切の目撃情報は得られなかったそうです。。

ここまで津波は来ていませんが、
どこかの保護団体の方が連れて行った可能性もゼロではないので
石巻動物救護センターには問い合わせをしていますが、
状況から考えて 近くまで来た人が車に乗せてしまった可能性が高いと思われました。

その日付けていた首輪は これとお揃いの物だそうです。
b0119620_15293616.jpg
この日、シャンプーしたばかりで キレイにしていたそう。
年齢は4歳くらい、女の子
とてもおとなしくて 鳴いたりしません。 少し太ってはいましたが健康です。
b0119620_1531131.jpg
似たような子を 最近見かけた方、いませんか?
心当たりのある方、いらっしゃいましたら 連絡ください!!!
飼い主さんは
サクラは不意に戻って来るかも‥? と フードボールもおやつも出したままで待っています。

***************************

このショッキングな出来事を目の前に できることが何もなく‥。
だだ、 
なぜ? どうして? 
と 頭ん中がグルグル。。

サクラちゃんが無事 飼い主さんの所に戻ってきますように。
祈る事と、情報をお伝えする事しかできないのが 悔しいです。。


そして。
この日の最後は 女川のジョン君★の元へ。
あれから ワンニャン活動の度に寄って様子を見ていますが
ゴミの山は撤去されたものの、
b0119620_1624439.jpg
雨が降れば水が流れる寝床や ハエが渦巻く食器など、、
やはり生活環境は決して良いとは言えず‥。

ジョン君はとても淋しい想いをしているようで、
私たちが到着した時は 非常に警戒した顔で 固まっています。
そのうちすぐに思い出すのか この笑顔☆
b0119620_1682675.jpg

未だ飼い主さんには 会う事が出来ていません。。
ジョン君の 飼い主さんが早く迎えにきてくれますように。。 
それとも‥。 と 色々考えちゃいます。。。

そして この日、もう一つ悲しい出来事を聞いてしまいました。
それまで私たちが物資を届けた子ではないのですが
石巻のブルちゃんが3日前に 熱中症で亡くなってしまったそうです。
まだ1歳だったそうで。
朝は元気だったのに‥ と 飼い主さんは涙をこらえて教えてくれました。

熱中症の危険があると思われる状態で飼われているワンズには
早めに遮光ネットを配布するなど 思いつく限りの事はしてきたつもりですが
6月末の東北は 真夏のような暑さの日がありました。
チェックし忘れた子はいなかっただろか‥? あれだけの支援で大丈夫だろうか? 
今度は不安で頭の中が グルグル. グルグル.

被災地の状況は刻一刻と変わっている事を実感する週なのでした。

 
[PR]

by mari-zo | 2011-07-04 16:26 | 震災関連。


<< 梅雨ドキさんぽ。      汗だくー.の収穫★ >>