まり蔵のワンコ☆ライフ

mariwanko.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 13日

ジョン君ちを お掃除し隊!!☆

その子と出会ったのは 4月の末、
ワンニャンcarで女川入りして、あまりの町の光景に愕然とした日でした。
目ぼしい高台を回り終えて、そろそろ戻ろうかと思った時
少し離れた場所に 別の高台が見え、
じゃぁ、帰る前にあそこだけ寄って行こう!ということに。

すると 津波に襲われた住宅のガレージにワンコが1匹。。
b0119620_21354847.jpg
(その時の写真です。)
そのお宅は取り壊しが決まったせいか
メチャクチャに物が散乱したままで 物を踏まないと玄関にもたどり着けない状態。。
ワンコの周りは少しだけ物がかき分けられていましたが、
人は住んでいないと一目で分かりました。

このコ‥ 大丈夫なんだろーか。。

近所の方に話を伺うと、飼い主さんは避難所に居て
一日一回、ご飯と散歩のために帰ってくるそうな。
よく見ると ワンコの周りには 食べ残したおにぎりがカピカピになって散乱していました..

気になるなー。。

とは 思ったものの 
この日はフードとオヤツを玄関先に置いて帰ってきました。

そして 1ヶ月半経過してしまいましたが
やっと飼い主さんと連絡を取ることができ、
その子の名前が「ジョン君★」である事が判明!!
さらに おせっかいにもガレージのお掃除を申し出て、承諾していただきました。


当日も、飼い主さんにはお会いできなかったので
お掃除部隊がガレージに到着すると 最初は警戒して吠えていたジョン君、、
「お掃除しに来たよー。」「大丈夫だからねー。」と声を掛けると、すぐに 鳴き止んで
さらには‥
b0119620_21522395.jpg
これからお掃除してもらうのー☆
と まるで これからの事を理解したかのような この笑顔♪
あとは 信じられないくらいオリコウサンにしてくれたので 集中して作業にとりかかります。

少し予想はしていましたが
ガレージに残された食べ残しやゴミが温床となり
震災バエチャン の 子孫チャンが繁栄し..
一部では世紀末風な緊急事態がおこってまひた~..
そこに 濡れて使えなくなった衣類や、家具の破片、釘の飛び出た廃材などが折り重なっており、
それらを退ける度に 再び子孫チャンと涙のご対面~.. 
ある意味ハードな作業となりました。。(泣。)

それらを 近所の方々に聞きながら地域のやり方で分別し、ゴミ袋へ。
土間に付着したコビコビはスクレーパーで こそげ取って、
最後にはジョン君を散歩に連れ出している間に
持ってきた ポリタンクの水とデッキブラシで一掃☆!!
b0119620_22142285.jpg
キレイになりましたー!!

仕上げは ジョン君のブラッシング♪
慣れてないと嫌がって怒るかな?? と心配してたのがウソのように
b0119620_2215364.jpg
この笑顔◎
かなりの抜け毛の量に手こずって 3人がかりに取り囲まれても
足や シッポまで コームを入れても 
まったく動じる気配なし! 終始笑顔で気持ちよさそうにしてくれました♪♪

毛玉がハンパない状態になっていたので 通気性が悪かったのか
お尻の周りが ただれていて 可哀相でしたが
手持ちの紙切りバサミで おしりの毛を切っている間も ジッと耐えてくれて、
このオリコウサンっぷりには 一同が何度も驚かされました☆

だけど‥
ジョン君のお家は 只今仮設住宅への申し込みをしているのだそう。
もし‥、その仮設住宅がペット可ではなかったら‥
ジョン君を手放す事も 選択肢としてあるそうな。。

そんなぁ~。。

こんなにお利口でカワイイのに‥
キレイになって 飼い主さんにアピールするのジャ!! 
と 時間をかけてブラッシングをする一同なのでした~.
b0119620_22334777.jpg
ジョン君自身もキレイになったの分かるのかな~?
ちと得意げ?(笑)


そして そのあとは
後ろ髪を引かれながら 女川を後にして
「孤立して困っている」と情報をもらった 雄勝町・北上川河口域を目指して
沿岸部の集落に立ち寄りながら、ワンニャンにフードを配りました。

途中には小さな漁村がいくつも点在するのですが、
b0119620_22411963.jpg

b0119620_22412431.jpg
それらのほとんどの港が地盤沈下で こんな状態。。

さらには 北上川河口域も 
未だ水の引けていない地区があり、今でも ポンプで排水を続けているとのことでした。
b0119620_22432891.jpg
話を伺うと 震災後2週間近くは1階が水没したままで 帰れず、
その間に 家の物がすっかり濡れきってしまい、今でも湿気が凄くて困っているのだそう。

そして こちらのワンコ‥
b0119620_22514798.jpg
毎日のようにこの辺りに出没するらしく
近所の方によると どうやら飼い主さんを探しているようだ。 と。
津波で被害に合われたか、どちらかへ避難されてしまったか.. 
それでもワンコはこの辺りが家だと思って ご主人を待っているのでしょうか。 
とても悲しそうでした。。。

怪我はしていないようでしたが
毎日歩いて相当疲れているらしく、ここ2、3日はこのハウスにずっと寝ている状態で
可哀相に思ったご近所さんが フードと水を運んでくれていて、それを食べているんだそうです。
警戒心がとても強くて 近寄る事は出来ていないのですが
ご近所さんは シロと名付けて心配していました。
このままコチラのお宅に居ついておくれ‥。。 と願いながら
この日は帰路についたのでした。

活動報告はオルカさんのmixiフォトで公開しています。
 
[PR]

by mari-zo | 2011-06-13 23:13 | 震災関連。


<< だんだん夏ダ!!      草刈はじまりました☆ >>