まり蔵のワンコ☆ライフ

mariwanko.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 09日

皆様の気持ちを被災地に。

そしてまた。

大会会場で預かったり、
フレッカ宅に届けられたフードやおやつを持って
宮城県沿岸に行ってきました。

今回は東松島のレオ君にも会う事が出来ました☆
b0119620_12562851.jpg
レオ君は避難所の車の中での生活だそうですが
ようやく慣れてきたそうで 元気な姿を見せてくれました!!
お届けしたおもちゃをガン見です(笑)

今回は 前回の活動で少し回った手ごたえとして
東松島あたりの被害が甚大だとわかったのですが
その時は思う様に動けなかったので そちらを重点的にまわってみることに。

今まで何度か往復してきた幹線道路から 少し入って
野蒜(のびる)方面に足を延ばして すぐ、

言葉を失いました‥。

b0119620_1275323.jpg

この辺りは 津波直後から 何も変わってないんじゃ‥?
と思うほど 道も ガレキも そのままで 手つかずの状態が広がっていました。
2階建てのお宅は多いのですが 片付けた様子もなく、

そんなエリアをローラー作戦のように回るのですが
呼びかけても、呼びかけても、人の気配がなく。。
あまりの光景に
本当に時が止まったかのような 一瞬気持ちがどこかへ飛んでいくような そんな感覚に襲われます。

そこから ほんの数メートルの道路を越え、場所を変えれば
徒歩で5分もかからないような距離でも 人々が生活しているエリアもあって、
不自由ながら ワンコと生活しているお宅も。

そんなお宅を探しながら フードやおやつを届けます。
b0119620_12255463.jpg
早速、おやつを頬張る ルッティ★

b0119620_12321273.jpg
サンタ★ と ゴン★ はお届けした紐付きボールで
早速、引っ張りっこを始めました♪

そんな喜んでいる姿を見ると
来てよかった。色々届けられて良かった♪
楽しそうでよかったー!と飼い主さんも見ているこっちも笑顔になります!

でも そんな活動の最中にもやはり 悲しい話を沢山聞きます。
東名(とうな)駅近くで出会ったおばあさんは
自らも避難しようと急いでいたら 正面から津波が来るのが見えて
急いで 付近の民家の2階に駆け上がったそうです。
その時、そこから見える平屋の屋根に 5~6匹の犬猫がよじ登っていたそうなのですが
次第に水かさが増してきて、、 
そのうち屋根の一番高いところだけが残り、犬猫が一列になり、、
だけど、ついに そこにも水が来て‥
その子たちが 一斉に同じ方向を向いて泳ぎだしたんだ~‥ と。。

何もできなかった‥ と。。

自宅の飼い犬も 鳴いていたが、
庭木に挟まってしまい. 自力では2階に上がることができず、、
「可哀そうな事をした‥」
と 泣きながら何度も何度も話していました。。

野蒜、東名駅付近は
地図で見ると右側の石巻湾から松島湾に向けて 津波が押し寄せたそうで

なので 引き波も無く、
その分、物凄い勢いで津波が駆け抜けたことが
割れたガラスの様子や残された家屋の状態からも伝わってきました。

そんな中、犬を助けに戻り、
そのまま帰らなかった人も居たそうです。。。



そして‥

そこから海沿いに広がる野蒜海岸付近は
b0119620_1332820.jpg
基礎を残して 家が丸ごと消えていたり

綺麗なポーチは残っているのに
b0119620_1371288.jpg
その先にあるハズの建物だけが 流されてしまっていたり、

こんな光景ばかりです。

そして この日足を延ばした 宮戸島へのルートは
すこし理解を超えるほどの状態でした。
b0119620_13272590.jpg

ここは‥ 。。

数年前にも モエアイを連れて
宮戸島の月浜へ海水浴に行ったりしていたので
何回か通っているハズなのですが‥、、
この辺りは 気持ちの良い松林だったハズなのですが、、

果たして自分が今走っている道が
元道のあった場所なのか どうなのか、
それともこの道は‥ 自衛隊が海を土砂で埋めて作ったものなのか‥
最後まで 私には判断がつきませんでした。

道のわきには 黒い通信ケーブルが仮の状態で延々と吊ってあるだけだし
砂利道の脇はゴロゴロとした石で、、
その両側が 海。。

そして 宮戸島に入ると
津波の来た来ないによって まさに明暗が分かれていました。
湾の内側は本当に津波が来たの?と思うほど のどかな港町だったのですが
山の反対側は かなりの標高まで波が押し寄せたらしく
b0119620_13361038.jpg

思い出の月浜は 湾へ続く道自体が封鎖されて
行くことができませんでした。

島内は まだ電気の復旧もされず、
東北電力の電源carが駐留して まかなっているような状態で
もちろん水道もなく、電話も使えないそうで
住民の方々は未だ大変な苦労を強いられているようでした。 (2か月にもなるというのに‥)
島内に避難所はあるのですが ペットは車で待機させている方も居て
これからのシーズンの熱中症対策も急がなくては! と課題は多いです。

そんな中
コンテナやプレハブを改装して 自ら仮設住宅を作っている方も!
b0119620_1347529.jpg
ユリアちゃん☆ 11歳!!
撫でられるのが大好きで おもちゃも大好き♪
喜んでくれました♪♪


報道では ゴールデンウィークにボランティアさんが殺到して
断るくらいだったと聞いていましたが、
実感として、全然です。

復興が進んでいる石巻でも まだまだ。
b0119620_1358506.jpg
こんな場所だらけです。 (5月8日現在、石巻・中瀬付近)

津波の被害の大きかった場所は 今後建物を建てていいかどうか
それ自体決められていない場所もあるそうで、手を付けられない地域もあるのでしょうが
こんな状態なのでいくらでも人手は足りないと思います。
ただ、ボランティアをコーディネートしきれなくて 断った、そういう事情ではないでしょうか。
10人近くが人力で持ち上げて 普通車を移動させている現場も見ました。
人の力が集まればそんな事もできるのか!!と驚きました。

あの惨状では まだまだ、まだまだ、時間がかかると思いますが
自分にできることを少しでも これからも続けたいと思います。

活動報告はオルカさんのmixiフォトで公開しています。

可能な方は 引き続き物資の提供、よろしくお願いします。
フードもですが、おもちゃ、オヤツでワンズも飼い主さんも笑顔になります☆
おもちゃは丈夫なタイプ、オヤツはジャーキー系、おなかに優しい系が人気が高いです♪
大会に参加すれば直接受け取ることもできるのですが
次回参加予定は月末のSUGO大会です

※こちら↑の大会は復興チャリティ大会の為
 東北6県在住の方はエントリー料金が無料!! 是非参加してくださいっ♪
 詳しくはJFAホームページへ☆
[PR]

by mari-zo | 2011-05-09 14:26 | 震災関連。


<< モエ山で元気☆      つくばったGW☆ >>