まり蔵のワンコ☆ライフ

mariwanko.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 01日

雪山ピークハントは命がけ??

先週一週間は ポカポカ陽気が続きましたが、
春は やはり嬉しいのですが、、

ぢつは
「ちょっと待って~!! まだ暖かくならないでぇ..。」 と 願っていたのです。

だって‥
週末は 樹氷リベンジ決行の日★
前回は樹氷が育っていたものの、大雪に見舞われ
眺望もなく、青空に映える樹氷パノラマも見れなかった‥。
なので もう一回チャレンジして せめて青空を背景に 記念撮影がしたいっ!! と計画していたのです。
んでも、
その願いもむなしく 家の周りの雪たちもどんどん解けちゃって、
こんなんじゃぁ、あの樹氷たちも落ちちゃってるかも。。 (泣。
と 諦めていた のですが‥?

前日に連絡がきた時には‥??
まだキレイに樹氷が残ってると言うではないですか!!
やったったー!!!

そして 当日の朝。
ゴンドラに乗って出発すれば
b0119620_1423293.jpg
ジャ~ン★
眼下には 磐梯山がクッキリ~!!
前回は こんな眺望は皆無だったので これだけでテンション上がります(笑)

山頂駅から スノシュを履いて歩き始めれば
b0119620_1424185.jpg
この青空だし ♪

振り返れば
b0119620_1423995.jpg
ダケカンバ と 磐梯山のコラボ。

この日は スノシュ初体験のメンバーさんも参加していたので ペースはゆっくり。
余裕もあったので @この時は。(苦笑)
青空と大パノラマに感動して 何度も何度も振り返っては写真を撮りまくる私達。
b0119620_142458.jpg
空が青いを通り越して 藍い!!

b0119620_1474589.jpg
安達太良山 も この日はよく見えました ♪

そして‥☆
コチラの山が‥☆☆
b0119620_148438.jpg
本日の目的地、西吾妻山デス!!

ええ。
今回はさらにレベルアップ。
前回登頂した 西大嶺山頂を経由して あの西吾妻山まで縦走しちゃおう!! 計画なんデス!!!

だけど‥
かなり登ってきて やっと見えた目的地に
内心‥ (これからさらに あそこまで行って戻って来るのか。。) と 一抹の不安も覚える(苦笑)
サスガ、上級者限定コース★ と うたわれているだけあって 簡単ではなさそう。。
それでも 決意を新たにして♪
b0119620_1425229.jpg
ガンバルゾー★ の ポーズ。

しかし 安定した天気だったのはこの辺までで。
次第に風と雲が出てきちゃった。。
上を見上げると 雲がビュンビュン流れてきてて、
b0119620_14142185.jpg
あの稜線に出れば 寒いだろーな。。とイヤーな予感。

そして 西吾妻山方面にも 雲が迫ってきてるし
積もった雪が 強風で巻き上げられている様子も見える。。
b0119620_14142768.jpg
こりゃぁ、時間との勝負だ‥
と そこに居た誰もが暗黙の覚悟を決め、
そこからは 初心者さん達 と 西吾妻山登頂チームの2手に分かれ
登頂チームは ペースを上げて 先を急ぐことに。

でも‥
そんなんで到着した経由地、西大嶺山頂は こんな姿でした。。
b0119620_14143173.jpg
じゅ、樹氷が落ちちゃってる.. ガ~ン。。。
前日の昼までは キレイに残っていたと 確かに写真も見せてもらったのでしたが
その後 数時間で ついに耐え切れず、崩れ落ちてしまったようです‥ 残念。

残っていれば 
山形県側の飯豊連峰をバックに 感動的な光景が見れただろーなー..
b0119620_14143671.jpg
期待していただけに けっこー、かなり、ショックでしたが、
この時は 先を急がなくてはならない緊張感もあって、落ち込んでもいられず
気持ちを切り替えて 次の行動に移ります。

天気は 5分刻みに刻一刻と悪化している感じで
b0119620_14144247.jpg
雲は あっという間に目線の高さまで下がってきてるし 猶予はありません。

当初の予定では ここ西大嶺山頂~西吾妻山まで 往復2時間の工程とみていましたが
このコース間は 地形的になだらかで 目標物が少ないため、
眺望が効かないと 方向感覚を失いやすいんです。
なので 
できるだけ 両方の山頂が雲に隠れてわからなくなる前に帰ってこなくては‥。
これ以上は危険と判断したら 退却する事を申し合わせて 向かいます。

なので ここからは写真も少なめ。
歩くペースも最大限まで上げているので 息が上がって カメラを構える余裕もありません(汗。
それでも 途中にある唯一の目標物、山小屋をバックにパチリ☆
b0119620_14304134.jpg
一瞬でポーズをとって、一瞬で再び歩き出す
打ち合わせたわけでもないのに 阿吽の呼吸が 笑えます。

だけど
かなりのハイペースで歩いてきたので 乳酸もたまってきてて.
ホントは この小屋で休憩をとる計画だったのですが
先ほどからの 山頂の雲行きを見ていると 
安全に登れる登頂リミットまでは あと15分か?10分か‥?? 
と ギリギリな争いで とても休憩をとる時間は無く
立ったまま 補給食を胃に入れて ラストスパートを急ぎます。。

そして‥

ついに!!

b0119620_1430473.jpg
西吾妻山(2035m)★ 登頂成功デス!!!
カメラの設定を確認する余裕もないので 白とび炸裂な写真ですが
それはそれで 緊迫感が伝わってきて 記念になるか‥。(苦笑)

モチロン山頂からの 眺望はゼロ‥。
b0119620_14305949.jpg
な~んも 見えません。
しかも 今度は安全に戻るためのリミットも迫っているので
山頂滞在時間 わずか1~2分で 即効下山を開始します‥

帰りは 風に向かって歩くような状態になったので
暴風に飛ばされた 氷の粒が顔にあたって メチャクチャ痛いっ!!
それもそのはず?
b0119620_14305430.jpg
一度樹氷が落ちた木々に 新たな樹氷が成長を始めていました。。
こんなんが 顔を直撃するのだから まともに顔を上げて歩けず、
それでも逃げられない刺激に 顔面がヒリヒリしてくるわ
最後の方は 疲労困ぱいで 足も上がらなくなってくるわ で
悲鳴を上げながら やっとこさ 安全圏まで帰還☆

樹林帯まで 降りてくると 風も穏やかに感じ、
b0119620_151479.jpg
そこには 平和な世界が広がっていました。

今回樹氷が落ちちゃっていたのは 確かに残念でしたが
それでも 無事下山してきた時は
ものすごい 達成感★★.
そのあとの 温泉やラーメンなど一つ一つがありがたいのなんのって
これにビールとフカフカの布団があれば ほんとうに天国に違いない(笑)
と 思いながら その日のうちに帰ってきましたよー。 
(帰りの車中での 『すべらない話大会』 も 最高でしたけどねー♪)
今シーズンの樹氷チャレンジは これで最後になりそうですが
この達成感はクセになりそ。

来年は 温泉&ビールと布団 ♪
それに これだな。
b0119620_15104539.jpg

冬山 サイコー☆
 
[PR]

by mari-zo | 2011-03-01 15:13 | おでかけ☆


<< HAPPY☆HAPPY★10t...      A’(エーダッシュ)森? >>