2011年 02月 01日

樹氷へ ☆GO!!☆

そして この週末‥

スノーシューを始めてから いつかは行ってみたいと憧れていた
『樹氷』を見に 行っちゃいました~っ!!!

樹氷といえばイメージは 極寒&暴風の地。。
しかも厳冬期の山頂付近に行かないと見れないので 
冬山の上級者のみに許された領域なんだろーなー.
そのためには まだまだ
体力、装備、技術の全てをレベルアップしないとっ!! と思っていたのですが。

最近、モエ家お引越し疑惑が浮上してまして..
って~事は??
今シーズンを逃すと もう行けないかも知れないかも~!!?  と 焦り。

そう思ったら 
何が何でも行かなくてはっ!! と。

そして 調べに 調べて. 選んだのが?
福島県は裏磐梯の西大嶺(ニシダイテン)☆ というスポット。
年末年始に豪雪国道でニュースを賑わせた あの会津のすぐ近くです☆
一般的には、樹氷というと『蔵王』が有名ですが、
せっかくならスノーシュー or バックカントリーをやってないと たどり着けないような奥地で
景色のいい所がイイ♪ と 決めました。


さすが 雨女、、
楽しみにしていた その週は またしても大寒波が押し寄せる予報が‥
そして 予想気温はどんどん低くなってゆく~..

もう、大荒れは必至な感じで (泣。

あ~、こりゃぁ、、ツアー中止かな~。 と半分あきらめていたのですが
その最終判断をするのは 当日の朝、現地についてから。 という事だったので
一縷の望みをかけて 家を出て
b0119620_1547674.jpg
こんな気温の中
とりあえず 福島県を目ざしました。

樹氷エリアは目印もなく迷いやすい上 この季節は天気の変動も激しく
ホワイトアウトしてしまえば 死に直結するので
信用のおける現地のガイドさんに案内をお願いします。
今回お願いしたのは『フォレストランド』 さん♪


で。

待ち合わせの時間に現地に着くと‥

ん?
意外と空も明るくて 雪もほとんど降ってないかも?
時々 青空もみえるような感じだし
こ、これはツアー決行 行けるかもー!? と 期待は高まる。

そして ガイドさんも その天気を注意深く見守り‥

この状態だったら行けますねー。 と GOサイン★
ヤッタッターっ!!!

た・だ・し!!。
途中でこれ以上は危険と判断したら そこで折り返して戻ってくるという条件付き。
そりゃもう、当然デス!! ウンウン。 
と 二つ返事でお願いして イザ出発です♪

西大嶺山頂へは 
ゴンドラ と クワットを乗り継ぎ スキー場の最上部まで行ってから
スノーシューに履き替えて、約2時間半、延々の 登り。
垂直距離で 400m の登りですが その間下ることのないルートは
さすがに 中~上級者向け。 ちょっとした覚悟が必要です。。(苦笑)
しかも
この前夜にかなりの積雪があったらしく、
前日までついていたというトレース跡も消え、歩き始めからラッセルです ヒョェェ~..
b0119620_16173620.jpg
膝上パウ☆ なう(笑) 

それを 屈強な男性陣を先頭に編隊を組んで 
ジリ.ジリッ. と登ってゆきます☆
b0119620_1844397.jpg
登り始めは オオシラビソの森に囲まれて風もなく
斜度も さほどキツくないので 余裕でしたが‥?
b0119620_1885531.jpg

次第に 樹木の高さが低くなり
斜度も増してきて よそ見をしていると コケル、コケル..
b0119620_18104541.jpg

木々がまばらになってくると 風が吹き付け初め
b0119620_1813528.jpg
時には 横殴りの雪にさらされます(寒!!

それでも
周りの樹形がどんどん樹氷っぽくなってきて テンションは上がる一方(笑)
b0119620_18151786.jpg
振り返ると 
自分たちが歩いてきた森が 眼下に一望できて とってもキモチイイ~☆

もっともっと眺めていたいのですが
天候は刻一刻と変化し続け、余談を許さない状況の為 先を急ぎます。
さっきまで横殴りの雪だと思ったのに 急に空が明るくなって来たり?
かと思ったら 一瞬の晴れ間も‥
b0119620_18301426.jpg
ナント☆
気がつけば あたりはすっかり樹氷の森です♪

だけど 
ガイドさんによれば これは本当の樹氷では無いそう。
おススメの樹氷エリアは山頂を過ぎて向こう側にあるとか。

ならば、何が何でも山頂を目ざさなくてはっ!!
と 気もはやる
b0119620_18395215.jpg
もっと上へ★ の気持ちがそうさせたのか?
この日のポーズは 手足を大きく上げたポーズが多い(苦笑)

だけど この5分後には‥
b0119620_18431546.jpg
なかなかハードな気象条件デス...

気温は相当低いらしく
鼻の中が凍りはじめ、サングラスを外すと まつ毛や眉毛も凍ってました。。
この短時間の間に 髪の毛も樹氷チックに成長~..
b0119620_18502737.jpg

それでも 心は折れるどころか
テンションは上がる一方で 
b0119620_18322316.jpg
ファイトー、 イっパーツ☆!! ?

そして一気に ピークハント成功☆ です♪

まずは
山頂の証 と 記念撮影?
b0119620_18553840.jpg
三角点タッ~チ☆

そして 標高1982m地点からの
b0119620_2034339.jpg
三角点ジャ~ンプ!!☆

テンションは 最上max★ 状態(笑)

ですが、
やっぱり さぶい。。

手元の温度計を見ると‥
んげ?
マイナス21℃?。。
モチロン、自己記録更新デス。。。

山頂は風を遮るものが全くないため 風にさらされ、
この低温下で長時間ここに居ては危険△ とゆーことで
おススメの樹氷エリアを少しだけ探索して すぐ下山することに。

無事目標を達成して 満足げな二人(笑)
b0119620_1981371.jpg

このあとは 
パフパフの斜面を駆け下りたり
段差数メートルを飛び降りたりとハードな遊びが続くので カメラは収納。
なので写真はございませんが
疲れてきてガクガクになった膝で 西大嶺の山を遊び倒して来ました♪

そして ♪

最後の最後の締めは‥?
b0119620_1912117.jpg
顔面ダ~イブ☆
ホントは駆け下りながら わざと転んでこれをしていたのですが
この写真は カメラを構えてもらってから ヤラセの1枚(笑)
だって‥
パウダースノーなので パフッとした時は最高にキモチ良いんですが、
この数秒後に 顔面が冷たいを通り越して 痛いのなんのって。。(苦笑)
瞬撮してもらわないと あたり一面悲鳴がコダマします‥

あ~♪
今回も遊び倒して 大満足なスノシューday なのでしたっ♪♪

スキー場まで戻ってきたら
朝とは景色が一遍!! なかなか迫力のある吹雪が始まっていました。
ガイドさん曰く、あと1時間遅かったら山頂までは無理だったと。
ラッキーでしたね♪
 
だけど‥
早くも もう1回行きたいなー。 樹氷♪
今度は快晴の日に。(笑)
 
[PR]

by mari-zo | 2011-02-01 19:22 | おでかけ☆


<< 移動性高気圧★      アイたんも練習♪ >>