2011年 01月 13日

C-barq をやってみた♪

以前から ネットなんかで見たことのあった
犬の行動解析システム『C-barq』 を やってみた。

これは
最近できたシステムで
犬の行動を統計学に基づいて客観的に判断できるというもの。 (←間違ってたらごめんなさい。

さらには それを材料に
システムを導入している、専門の獣医さんや訓練士さんに みてもらう事もできるらしい。

~HP抜粋~
これまで、このような大規模な母集団における相対評価が可能なシステムは存在しませんでした。
そのため、各臨床医やトレーナーの経験に依存せざるを得ず、
「まあまあ攻撃的ですね」「ちょっと他の犬に比べて不安が高いですね」といったような、
抽象的かつ経験則的な評価しかなしえませんでした。
C-barqを用いることで、犬全体に対しての相対的数値評価が、世界基準で可能となります。

とな。
(詳しくは上記リンクからHPを参照してくださいね~。)

実際はどれだけ有効かは わかりませんが
診断までは 無料♪
おもしろそうなので アイたんで診断してみましたー☆

かなりの問題数なので けっこー時間がかかりました。。


そして その結果は‥?

【アイの社会性に関する行動】
b0119620_1438193.jpg
やっぱりな。。
見知らぬ人への攻撃性、非常に高し。。
「専門家にご相談されることをおすすめします」
 だって~ (爆)
見知らぬ犬への攻撃性こそ高いかと思っていたのに 
それは そこそこの数値でした。。

悲しいのは 同居犬への攻撃も少し高めに出たトコロ..
だってさぁ、食べてるゴハンのそばに モエが来たら
アイじゃなくたってウ゛~って言いたくなるでしょ。。
だってホントに取られちゃいそうだもんっ(笑)

んでもっ!! でも、でも~!!!!
攻撃って言ったって、アイの場合は緊張からくるものだし~。
本気で噛んだりはしないもんっ!!
警戒するのは 自分のナワバリでだし~。 
だって、大会会場なんかは知らない人にもウハウハだもんっ!!
大会会場で.とか 初めて行った公園で.とかの設問がないのは偏ってるっ!!
コマンドで ある程度我慢できるしー.
最悪の場合だって、最近は一線を越えなくなってきたし~。 (←一線って‥?ですが。

こんなんで‥

こんなんで アイの事は理解できないも~んっ!!! (怒。


と 一人ブツブツ.. ダダもこねたくなりましたが
だけどね、、
普段の生活で感じている事は だいたい当たってるかも..
ウチの子に限って!!な飼い主が言葉で説明するよりも(ここの私も含めね♪)
客観的に判断はできるかもね~。
一つ一つの設問を客観的に答えられれば。の話ですが(苦笑)


そして?
【アイの個体を特徴づける行動】
では‥?
b0119620_1438554.jpg
訓練生、追跡能力、興奮性、愛着行動、運動活性、オールA☆!!
(高けりゃいいってもんでもないと思いますが‥)

そーでしょ、そーでしょ ♪
アイたんならそうでしょ♪♪ と
今日も一人 ほくそ笑む 親バカ飼い主なのでした~。 (笑)

このあと、冷静になって診断を見つめ.
今後のしつけ全般について 方針を練り直す まり蔵なのですがね。。
 
これは多くの人が利用すれば利用するほど 統計が取れて
犬種別診断もできる☆ というものらしい ので♪
皆様もお試しあれ~◎
 
[PR]

by mari-zo | 2011-01-13 15:01 | おウチ


<< 雪原をプ~ラプラ.      ナワバリへ訪問。 >>