まり蔵のワンコ☆ライフ

mariwanko.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 10日

マタギった週末 本番編!!

そして そして~。

阿仁・打当温泉にて
(いい名前でしょ~!? 「打てば当たる」のです!!)

興奮の一夜が明けて ♪。
(ワクワクで良く寝られませんでした。。笑)

カーテン開けて 外を見てみれば‥?
さらに 積もってるぅぅ~!!!

‥かな?

だって 元々が豪雪状態だったので。。
そこに 数十センチ積もったところで、 見た目はあんま、変わんにゃい..

う~ん。。 積もったっポイけど。。

どーだべね。

んでも
明るいトコで改めて見ると やっぱスゴイね。 雪。。

なんて言いながら
今日の天気予報をテレビで見てたら‥?


「県内の雪の確率100%」

ふえぇ..!!


「沿岸には暴風警報」

んげっ!!? 内陸でよかった~..


「冬の嵐が‥」 

え‥‥。 (冷汗。。)




とまぁ、 恐ろしい事しか言わない。。
※それもそのはず 6日土曜日は全国的に大荒れの天気だったようでした。。

だめだね、こりゃ。
こうなったら 風が吹かない事だけ祈ろ‥

と ゆー事で。 栄養ドリンク飲んで(笑)宿を出る。



それでも そんな天気なので 
校長先生がマタギ神社に連れて行ってくれて
参加者の安全を祈祷してくれました ♪  
これで もう 大丈夫っ!!

そこから いよいよ かんじきはいて
b0119620_10494153.jpg
出発です!!

かんじきツアーの目玉の一つが
『ウサギの巻き狩り』
昔からマタギ達が行なってきた方法で 山の中に潜んでいるウサギを追いたてて、狩る!!
(もちろん模擬なので鉄砲は使いませんが。)

今回、クラ(狩場)までは
b0119620_10563016.jpg
こんな感じの林道から進入~。
道路標識が見えなくなる寸前の積雪量
平坦に見えていても かんじきはいてもひざ上までくる雪こぎ(ラッセル)で
そうそう簡単には 進めない。

そこを交代でラッセルして ジリジリ.進む。

そして クラ(狩場)手前で
勢子(ウサギを追い立てる役) と
ブッパ(追い立てられたウサギが来るまでジッと待ち、撃つ役) の二手にわかれ 
スタートの瞬間を静かに待ちます‥
※詳しくは去年のマタギる週末を。



去年の巻き狩りでは 反省点が2つあり。。
今回はそれを頑張るのだっ!! と鼻息が荒かった まり蔵。

1つは、勢子の掛け声
穴の中に潜んでいるウサギを驚かせて 追い立てるために
「ほ~りゃっ!!」 とか 「ほ~ッ、ほっ」 とか大声で叫んで歩くのですが
普段大声なんて出す機会もないし
ましてや 雪山の急斜面を登りながら叫ぶのは なかなかキツイ。
なので‥
モエ山で練習して行きました(笑)

だけどね、大声出すのって これがなかなか快感なのデス ♪
キーンと冷えた雪山の空気を吸って 腹の底から声を出す!!
気持ちよかった~☆

そして~
もう一つの反省点は 勢子としてのルートの取り方
ウサギに逃げられないように 勢子が横一列になって追い立てるのですが
その列が乱れると 隙をぬってウサギが逃げてしまうので
勢子同士が一定の距離を保って 真っ直ぐ進まなくてはならないのです!
が。
実際の山ン中は 木も生い茂り 谷あり崖ありで 
そうそう思うようには進めない。。

去年はそれで 薮ン中で身動きが取れなくなり 
最終的には歩きやすい所を歩いてしまって かなり後悔..
なので 今年はどんな難所でも進んでやるっ!! と意気込んでいたのです 
そして
目の前に 45度以上もあろうかという崖がやってキタ!!!

登りましたよ。

四足で(笑)

そして ナント!!
登りきったら‥

b0119620_1136412.jpg
上空に青空!! そして太陽まで見えました☆

キモチイイ~!!!
奇跡の晴れ間です!

ウサギは見れませんでしたし
勢子としての編隊はバラバラに崩れ 狩は失敗に終わりましたが
それでも 去年の反省点を克服したまり蔵は 大満足の巻き狩りでした~。

b0119620_11395793.jpg



そして ツアーのもう一つの目玉、雪の中でのきりたんぽ鍋です。
b0119620_1144419.jpg
どんなに寒くても 自分達で炉を立て、火を起こし イチから鍋を作ります!!
(とは言っても 上手にできる人がいないので 校長先生がメインになっちゃうんですけどね~..)
それでも 今回は
よっぽど気温が低いのか なかなか薪が起きず。 苦労しました。。

このとき
各自で担いできたビールを飲みながら作業するのですが
缶を開けた途端‥

ビールの泡が凍ってました。。。

一緒に背負ってきた 水も
常に揺られてたハズなのに‥
b0119620_11492362.jpg
底まで シャリシャリ~.. (寒っ!!

いったい 何℃なんだべ??
と いつもの気温計を取り出すと‥
b0119620_11504742.jpg
マ、マイナス12℃!!?
え゛.. コレ、壊れてるでしょ。。

と ビックリし 気温計をつけてたカラビナを素手で触ったら
金属に指がくっついちゃって さらにビックリ!!

と まぁ
尋常ではない気温だった事は 確かです。。

(体感的には ほとんど寒くなかったんですけどね~)

さらに 鍋ができた頃には 再び雪が降り始め
b0119620_115915.jpg
帰り始める頃には 横殴りの雪に~..

だけど
そんな中でも

雪山でツエルトなしでビバークしなくてはならなくなった場合の
危険のない場所の選び方、雪洞の掘り方、etc..

非常食の話

かんじき歩行でも 体力を温存して歩く 足の運び方

雪道での無駄のないルートの取り方

雪の下に潜む 柴穴の恐さ

などなど 歩きながら
実際の場面、場面で 実演を交えて教えていただきました!!

普段からスノーシューで 雪山を歩く私達には とっても重要な事ばかり!!
本などではわからない 技を学べて ホント良かった~☆

自然塾バンザイ☆ デス!!
 

(追記)
ワン友隊長から拝借してきました。
実際のツアー終盤はこんな感じでした!!
b0119620_11311123.jpg

本気モードの自然塾は気合入ってマス☆

決して 酒飲んでるばかりじゃぁ ありませんッ!! (爆)
 
[PR]

by mari-zo | 2010-02-10 12:12 | 旅。


<< マタギった週末 名残惜しい編      マタギった週末 初日編 >>