2009年 11月 18日

アイたんの西武ドーム ♪

ナンヤカンヤしてたら 数日経ってしまいましたねぇ。

アイたんの健闘報告がまだでした~っ ♪

え~っと。
このブログでも宣言?した通り
自らの記録と戦う事を誓った アイでしたが‥?


イチバンの心配は 西部ドームという場所で
ヒトもワンコも見たことない程いっぱいいる中で、慣れない環境で
田舎育ちのアイが大丈夫か!? という事。

なので
朝早めの時間に到着し、受付も早めに済ませ
ゆっくり、ゆっくり、周りの環境に慣らしてみた
ら?
案外 なんてことなく落ち着いた対応をする アイたんで

ホッ。

としたのですが。

んでも 
練習時間が始まって.
会場にどんどんヒトが集まってきて..
そんな中で 知らないワンコとちと並んで待つのは
b0119620_204989.jpg
やっぱり キンチョー。 のご様子で。。

そんでも 
まり蔵はヘラヘラしてるし、
b0119620_20534496.jpg
サムとーちゃんもいるし ♪

そのうち だんだん ヤル気になってきた!!
b0119620_2145880.jpg

そして
そのうち 本戦が始まった☆

アイたん、それまでの自己ベストは125cmだったけど
無謀にも? 西部ドームでは その125cmからの跳躍を選択。
だって‥
ジャンプはやはり着地に大きな負担がかかる。
しかも アイたん..
一度失敗すると 急にテンション下がってしまうのデス。。
だから リハーサルでも決して失敗しない高さのみを跳ばせて 
テンションを上げた状態で 切り上げるっ。
そして 本番では
少ない跳躍で一気に結果を残す という作戦です。

んでも 本心は
何センチでもいいから とにかく跳んでおくれ~。
と 思ってたんですけどね。(笑

んで その1回目の跳躍☆
リハーサルの テンションアゲアゲ作戦が効いたのか
ハードルを前に リードを外す前からウズウズと跳びたがるアイ。
そして~?
b0119620_2116690.jpg
跳んだ~!!
(お写真は源ちゃんからいただきました☆ 貴重な一瞬をありがとうゴザイマス!!!)

も~!!☆
1回でも跳んでくれただけで満足な まり蔵だったのですが
目標は自己ベスト更新なのだ!!
と 次の130cmに挑む。
アイたんは まだヤル気が残っているようで
ハードル跳んでるワンコにヒャイン鳴きしてるし
これは跳んでくれそう? と期待して

130cm の1回目☆
「ジャンプ!!」 の声をかけるまでもなく
跳んだっ!!
と思ったのに‥ ガッツリぶつかってしまい、、 バーが落下。。

んげっ!!?

ヤバッ。 
アイたんのテンションが下がってしまう~..


と あわててフォロー
「いいよ、いいよ。 跳べてたよ!! 今の。 
もーいっかい あるからね♪♪」


できるだけ明るい声でテンションを維持。
アイも 一瞬ドンヨリした顔になってましたが 

すぐ
「そっかな? ウへ☆」 と お調子を取り戻したみたいでひと安心~☆

んで 130cmの2回目
お里のじぃじ(笑)のアドバイスも参考にして アイたんをハードル前へ。
そして
「アイ、ジャンプっ!!」

そして?
おぉ☆ 跳んだ~!!!!!

やったぁ☆
自己記録更新です!!!
目標達成!!デ~ス☆☆



だけど‥
そのあとの135cmでは アイたん最初っからテンション低~..
さっきまでの意気込みは どこへやら。。
ハードルを前にしても 目をそむけてバーを見ようともしない。。。

ありゃ~。 こりゃ、だめかも。。

と 思ったものの
「大丈夫、大丈夫~。 跳べるよぉ。」 ってったって、
「アイ、とべないもんっ」 と拒否。。

「ジャンプ!! アイ、ジャンプだってばぁ。」
「やだもんっ」

「なんでぇ。さっき跳べたでしょ?」
「むりだもん。」

と やりとりをし。
制限時間の30秒いっぱいいっぱいで やっと跳んでくれたものの‥?
バーがお腹にぶつかる、まったくヤル気のない跳躍で
1回目失敗。。

そんなんだから 2回目の跳躍も
「アイ、今度は跳ばない?」
「やだ。」
「大丈夫だって。135、跳べるよ?」
「むりだもん。」
「跳んでみたら?」
「ぜったい、むり。 もう帰るもんっ」
「ダメッ!! ジャンプ!!!」
「むりだってばぁ。」 とウロウロ..
終いには
「だったら まりぞが跳べばぁ?」 と言っちょりまひた。。。

「‥‥。 はい、すいません。 私は跳べません。。」

ってな 結末で。 タイムアウト チーン☆
だったのです~ (悲

ま、いいの、いいの。 目標はクリアしたから ♪


そして その後は めいっぱい観客を楽しんだのでした~☆
そのあとの様子は 後日レポしまーす。
 
[PR]

by mari-zo | 2009-11-18 22:14 | ドックスポーツ


<< いざ、出発〜☆      やっぱりエクはおもしろいのだ。 >>