まり蔵のワンコ☆ライフ

mariwanko.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 22日

兄弟に会いに♪ (後編)

んで。

登坂のとヘビ対決での冷汗が 引いたところで
みはらし台を後にして いざ! 開山堂へ再出発~☆

そこからの 尾根道は
道幅も広くて ちょうど良いアップダウンが続き
b0119620_2034458.jpg
アイたんの筋トレにもちょうど良さそう☆

そんな事を思いながら 気持ちよく歩いていたら
あっという間に 目的地に到着してしまいました~
b0119620_2043744.jpg
開山堂です★
アイも到着したのがわかるのか 早速マッタリ。

かたわらの案内板には 雲居和尚の開山の歴史と磐司磐三郎の説明が!
やったぁ。 ホントだったったんだ~! と 喜び
閉まっていた お堂の扉を 
失礼いたします~.. とゆっくり空けてみた。

ジャ~ン☆
b0119620_20585446.jpg

b0119620_20583576.jpg
ちゃんと いらっしゃいました~!!
真ん中の雲居和尚をはさんで 右が兄の磐司 左が弟の磐三郎 だそうな。
伝説では弟の方が狩りの腕が良く、弓の名手だったというから
そのとおり 弓を構えてますね~

ただ 二人とも 先日拝んできた対面岩の磐司像とは違って
やけに キレイなお顔立ちで。
ん~。 迫力ないなぁ。。
とか 勝手にダメ出しするまりぞ。 (バチがあたっちゃいますね)

後日 他の文献を読んだら‥
蕃山の磐司伝説は 雲居和尚が開山した年からすると 年代が違いすぎるため
どうやら 当時の人間が 既にある磐司磐三郎伝説を 巧みに利用した
作り話ではないか というのです。。
ど~りで。。
残念ですが そういうこともあるんですねぇ。


んで。
兄弟に対面して とりあえず目的は果たしたのですが
帰路を歩きながらも あまりに気持ち良かったので
途中に見えた「白滝不動尊」の矢印に引かれて ちょっと寄り道することに ♪

だけど こちらの尾根道は
それまでと雰囲気が違って 原始の森みたい☆

大木のアーチができていたり
b0119620_2122177.jpg

b0119620_2154277.jpg
大きな洞のある 朽木もアチコチに♪。
途中、クマの溜フンスポットも発見しちゃって
まり蔵 ワクワク☆

しかも途中 コブシの花のガクみたいなのが バラバラと落ちているな‥
という場所があって 不思議に思いながら歩いていたら?
b0119620_2130058.jpg
こんなの発見!!
花のつぼみが 齧られてる~??

高木の花を食べるなんて‥

クマ?

と 何でもクマに結び付けたがる まりぞ。
急に活動的になり(笑
その辺を探索したら‥?
b0119620_21335527.jpg
なにやら 爪痕みたいなのも発見しちゃって 
ワクワクがピークに!!
危うく 本来の目的地を忘れそうになったところで
白滝に着いてしまいました~
b0119620_2140244.jpg
コケ生した滝の中に不動尊が..
そして 小さな滝壺には 柄杓も置いてあったので
アイと一緒に のどを潤おして 戻ってきたのでした~。

蕃山。
予想以上に変化に富んで おもしろい山でした!!
ただし‥
起伏に富みすぎて 色んな尾根道が縦横無尽に交差しており
しかも その道に案内標示なんてありません。
事前情報でも 迷いやすいですよ~!とあったので 注意していたのですが‥

やっぱり 迷いました。。

違う道に入っちゃっては ん‥?こんなトコ来てないな‥
と 何度も戻りながら 下山して
最後はもう 
どこでもいいやー!! と
ヤケクソで出てみたトコが ビオトープ。。?
木道はありましたが その脇を小川が流れていたみたいで
b0119620_21512024.jpg
最後の最後に ドロドロです。。
 
あいた~ん 野生児はモエたんで充分だからね~..
 
[PR]

by mari-zo | 2009-05-22 00:20 | 近所


<< またぎった週末 ~春の収穫編~      兄弟に会いに♪ (前編) >>