2009年 05月 21日

兄弟に会いに♪ (前編)

今月は 第二次またぎブーム ♪

だって☆
2月にお世話になった マタギ自然塾の
春のイベント ~熊と山菜を探す旅2009~ が 今週末開講なのだぁ☆

そいで それを前に 勝手に盛り上がっておるのです。

ちなみに
自然塾では「現代のマタギ」を体験するので
歴史なんて関係ありません! 磐司のバの字もでてきませんよ~ ♪
来週のレポートをお楽しみに~☆

んで。 今回は モエ家からもっとも近い痕跡を探求しに
蕃山へ行ってみました~
このお山、モエ家の家の窓からも見えるのですが
市内にありながら 手付かずな感じで。
こんもり黒々とした姿は 霊山のような神々しさが漂っており
以前から 気になっていたのです

ココも諸説ありますが、一説によると?
昔、二口峠の磐司に兄の磐司が、綱木の蕃山には弟の磐三郎が住んでいました。
ある日 雲居和尚というエライ僧侶がやってきて 蕃山の東の麓に大梅寺を建てようとしたのですが
天狗が現れて、昼夜となく 様々のいたずらをして邪魔をします
そこで 磐司磐三郎が天狗を追い払いました めでたしめでたし~。
というのです。

しかも
この山のお堂には 磐司磐三郎を祭った像があるというではないですか ♪

なんと 灯台下暗し!!
そりゃ~ 行ってみないとなんねーべ。
と いうことで ♪。

b0119620_153352.jpg
今回の お供は(も?) アイたん。
(モエモエファンの皆さまスイマセン..

登山情報をネットで検索~☆
鼻歌交じりで出発したのですが?
b0119620_1516093.jpg
登山道入ってすぐは うっそうとした杉林で。
標高は356mと決して高くないのですが このあとすぐに急登が続き。。
モエ山とは違う体力が必要でした~ ヘロヘロ..

んでも~ ♪
尾根に出ると そこは気持ちのいい緑の回廊
b0119620_1518940.jpg
風が心地よかったですね~

だけどね‥
ルンルン ♪ で歩いていたら!!?
数メートル手前に とぐろを巻いたヘビが。

マムシぢゃないけど
朱色と黒のマダラ模様は とても人畜無害な風貌には思えず。。
コイツをまたいで通る気にはなれないし。。
かといって ここまで来て帰るなんてヤだし‥
ん~。 

考えて
ちょいとヘビさん、どいて下さいな‥
と 近くにあった棒切れで チョン。っとしたら!!?

グワっ!!
と鎌首もたげて こっち向いちゃったぁ..

ひょえ~んっ。 予想外の展開。。
しかも ただならぬ事態に気がついたアイが ヘビの向こうから
何々??と戻って来ちゃって..

ちょっと、マテッ!!
(藍たん、アンタも危険だけど 今は私が危険なのですよ~)

と 静止する。
アイも事態を把握したのか?
まり蔵vsヘビ を傍観するかのように その場でフセして目がランラン。

こうなったら 後に引けない‥
どうにかして コイツに去ってもらわねばっ!
んでも‥
ビヨ~ンと こっちに飛んででも来たら (恐~。
と チロチロ舌を出すヘビたんを前に 凍りつくまりぞ。

んで。
棒がダメなら コレでも喰らえぃ!! と思いつたのが?
足元に散らばる 腐葉土。
飛び掛られても 大丈夫なくらいの距離を取って
ヘビたん目掛けて 蹴りかけた!!

そしたら ますます 鎌首もたげてるし...

だけど?
バラバラと降る敵たちに 照準を合わせかねているかのように
右に左にフラフラしてる?
ヨーシ。 行けッ、アッチ行け!! と 2回、3回と蹴りかけてるうちに
ようやく 降参して林の中に消えて行きました‥
そこを さっき持っていた棒で ペシペシ叩くまりぞ。
勝利の喜びです☆

(決してそんな事はないと思いますが 皆様は真似をしないでください(笑)


そして 意気揚々と 尾根を進み
なにやら気になる小路を分け入っていくと!!?
b0119620_1556176.jpg
みはらし台に到着~☆
それまで 木々に阻まれて ほとんど景色は見えなかったけど
突然開けたここからの眺めは サイコ~☆
けっこうカスミがかかっていましたが 太平洋も見え
七つ森や泉ケ岳、舟形山も良く見えましたね~
空気が澄んでいれば 月山も見えちゃうかも~。 

アイも おつかれさん
もうちょっとで 開山堂だかんね~
b0119620_161489.jpg
と 景色を眺めながら
同じおやつ(ブドウ糖)と同じ水筒の水を分かち合う 至福の時。

またまた 長くなっちゃったので
後半につづく のだ。
 
[PR]

by mari-zo | 2009-05-21 16:03 | 近所


<< 兄弟に会いに♪ (後編)      キラキラな朝☆ >>