2009年 05月 16日

修行の旅へ。

先日のエクが あまりにも情けない結果に終わってしまったので
精神修行の旅に出ることに。。

というわけでは ありませんが
今月は とあるお寺に 何度か参っております。
b0119620_12325386.jpg
ココは モエ家からも程近く
松尾芭蕉の「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」で有名な
山寺立石寺でゴザイマス。

いままで 1度も足を運んだことはなかったのですが
昨年急に 興味を持ち
春になるのを 今か今かと待ちわびて
ついに今月 ☆解禁☆ したのですが

それが けっこう面白い☆
山寺というだけあって 参道は延々と続く階段で
b0119620_12413254.jpg
その途中には無数の後生車
(年若くして無くなった人の供養で 後生車についている車を回すと その仏が早く人間に生まれて来ることができるらしい)
が置いてあったり
参道脇のいたるところに お地蔵様や観音様が。
(写真は控えます)

その石段も 1番狭い所は約14センチしかなくて
b0119620_12593022.jpg
聞けば ココを開山した円仁と同じ足跡を踏んで 参詣するように だそうだ。

そして 仁王門辺りから先は 修行者の村のように なっていて
いくつもの院が点在して 御朱印がおいてある~。 
b0119620_12485265.jpg
そして 両側には怪岩奇岩が見え隠れ。

右手には 修行の岩場があって
b0119620_1334353.jpg
今では修行者以外は立入禁止になっている お堂が見えたりして。
そこに至る ルートをず~っと目で追っていくと
岩と岩に 梯子が渡してあったり
狭い洞穴に 格子がはめられていたりと 雰囲気満点☆
本当に ココで修行したんだろうな~ と思いを馳せる。


そして~?
私にとっての 目的地は この先の五大堂
b0119620_13192255.jpg

ではなくて。

その先に ひっそりと ある
b0119620_13202793.jpg
磐司祠 なのだ☆

んん? 磐司??

そう。

あの まり蔵と藍が 足しげく通った磐司岩、マタギの始祖「磐司磐三郎」の 磐司です!!

なんと ここ山寺には 磐司ゆかりの地なんですね~ ♪

この祠には 磐司磐三郎が奉られているのです!! (←私も昨年初めて知りました。。
だけど この祠、
行き止まりの少し手前、目線よりも高い所にあって
背伸びしても 中は見えず。
しかも あまりにもひっそりとした祠なので 観光客は目もくれず。。。

そのせいか ちょっと荒れてはいましたが
がんばって 中を覗いたら ちゃんとありました~!!
位牌のようなものがあって 「磐司磐三郎 尊俵」と書いてありました~っ!!
以前は その傍らに 磐司の座像と飼い犬の石像もあったそうなのですが
今は保存のため 山門近くの宝物館に保管しているそうな。

んで ♪
その宝物館が冬期は閉鎖していて 5月から開館という話だったので
その5月になるのを待って いそいそと出かけているのに?

いつ行っても 閉まってる‥。

あれ~ おかしいなぁ...

と シビレをきらして 売店のおばちゃんに聞いてみたら
そこは 寺の息子が管理していて 他に用事があるときは不定期で休むんだそうな。
しかも その用事もいつ決まるか知れないので 来てみないとわからないそうな。

え゛~ そんなのって あり~?

とは思いつつ 通っているのでありました。。

だけどね、正直 今までは
磐司磐三郎伝説はマタギの始祖と言えども 架空の人物で
作り話の中だけの事 かと思っていたのですが
ここにきて アチコチの土地にその逸話が残っていて
そして その話の内容が けっこう具体的なので
一つ一つの逸話の真相はともかく 本当に実在した人物なんだろーか。
と ますます興味を持ってしまったのです。

そして んじゃぁ
その伝説の残る土地を 一つ一つ回ってみようかと 思いついてしまったのです☆

が‥
伝説はあるものの その土地が現在どこにあるか というのがなかなか調べがつかない。。
観光案内所なんかに行っても 「へ??」ってな感じで 苦笑。

そりゃ、そ~ですよね。。

 



そんなまり蔵の情報源をちょっとご紹介。

磐司磐三郎が秋保から阿仁のマタギになるまでを わかりやすく解説 
秋保・里センター/磐司磐三郎物語へリンク

山寺近辺の磐司の伝説が詳しく書いてあります
仙台市中央市民センター/地域情報を見る/駒新道/第四章磐司・磐三郎へリンク

~これらから 知った ゆかりの地~ (自分の為にも まとめてみました!!)
-------------------------
◎磐司岩
〇二口渓谷 千人洞
◎対面岩
◎磐司祠
◎磐司磐三郎の墓
〇番山大梅寺・開山堂
〇秋保二口・長袋鬼屋敷 石が森の逆さ竹
〇愛犬マリの墓
〇マリ山
◎垂水遺跡
〇磐司屋敷跡
〇白石鎌先温泉・磐三郎社(磐三郎天狗)
〇二口・大ナメ沢
〇風の堂(風の洞橋?)・矢投坂
〇矢研ぎの池(弓掛けの松)
〇山の神岩座跡
〇湯殿山
〇面白山・大声立
〇面白権現・焼枯
〇白川・犬卒都婆の碑(猪退治を手伝った磐司の愛犬を供養)

〇山寺・猿祭(磐司磐三郎の父・猿王を祀った?)
〇山寺磐司祭のシシ踊(山寺が霊場になり猟ができなくなったことを喜んだ獣が奉納した舞)
-------------------------

◎は既に行ってみたトコ ♪
〇はこれから行く予定 もしくは調査中のトコ。

盛りだくさん なのだ☆
[PR]

by mari-zo | 2009-05-16 14:49 | おでかけ☆


<< 磐司の飼い犬マリ      御前崎エクの旅☆ 最終章!! ... >>