まり蔵のワンコ☆ライフ

mariwanko.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 22日

くらかけ山~◎

里帰り話を もうちょっと。

なめとこ山に行けなくて ガッカリで
しかも「ついてない日」のせいで ウップンがたまり..?
どーにも こーにも
どこかの山に登らないことには おさまらな~いっ
とモンモンとするも その日は夜から雨。。

ようやく止んだのが 翌朝9時過ぎ。
だけどやっぱり 山行きたい病は治まらず。。
で。 考えた。
ん~.. 今から行けるトコで
雨上がりでも危険じゃなくて‥‥

あ。!!
そだ。 鞍掛山だぁ☆ 

と思いついた。
そこは 雫石にあって整備されていて
スノーシューのできる山として以前から気になっていたし
父親もおススメっていってたし ♪

しかも 『なめとこの山』 と同じく 『くらかけの雪』として詠んでる宮沢賢治ゆかりの地。
近くには 盗森 狼森 など
童話のタイトルになった地名がゴロゴロしていて
地図を見ているだけで おもしろいのだ。

さっそく ブ~ン..と車を走らして
取り掛かった。
(登り口は小岩井大会でおなじみの相の沢キャンプ場なのだ)
登山道を歩き始めて まもなく見えたのが?
b0119620_18234433.jpg
クマ注意の看板☆
ハイハ~イ。 かなり気をつけて見てますよぉ~!!
雨上がりだし どこかに足跡 ないかな~ ど かな~。
とワクワク登っていった。

西側ルートは なだらかな道から 急な階段まで
起伏に富んだコースで なかなか面白い◎
途中では b0119620_1828778.jpg
こ~んな 見晴らし台もあって 小岩井農場が一望できるのだ☆

んで そこをさらに登っていくと
b0119620_18301850.jpg
上の方はけっこうな残雪でしたねぇ。。

雨で溶けた ザラメ雪に足をとられながら
ヒーコラ登り ふと脇に目をやると??

!!!。

クマのンコだっ!!。
それが タンマリ もよおされておりまして
おおぅ。 この辺のクマさんも せっせと活動してるのね‥
と 感激しながら メジャー片手にいそいそと撮影する まりぞ。
(掲載はしませんよ~ 安心してください(笑)
そして 周辺の雪上を確認するも 足跡などは見つけられず。
後ろ髪をひかれながら 頂上を目指すことに

そして 到着~◎

でも?
b0119620_10211733.jpg
予想通り ガスってて 何も見えず。。
だけど 山頂の気温は15℃以上もあって 山頂の地面からも湯気が立ってるし。。
あたり一面真っ白で 何かに包まれているような不思議な感覚‥
んでも よく目を凝らすと 
次から次へ 物凄い勢いで 雲が上がってきてて恐いくらい。

本当はココから ぐる~っと
b0119620_1026469.jpg
沢山の山が拝めて
目の前には どど~んと 岩手山が見えるハズ‥
だったんだけど さすがにこのガスでは無理っぽい。
んま、来れただけでも良しとしますか ♪

と 山頂で遅めのお昼を取ることに。
そしたら?
勢い良く走っていた雲達が 交差して??
一瞬 岩手山側の空が見えた!!
b0119620_10301923.jpg
と同時に 山裾がチラッと見えた。
おおぅ♪ 岩手山近け~!!
そこに見えたのは 想像以上に近くに迫る山肌で
樹木の1本1本、ゴロゴロとした岩肌まで クッキリと判別できるほど目の前で
噂には聞いていたけど こりゃ、想像以上なのね~♪
と 一人感動し もっと雲が開けないかな~..
と しばらく待ってみたものの

遅めのスタートだったので 無理は禁物!!
と あきらめ 下山を開始することに。
だけど
雲は上がって来てたし きっと待ってれば開けたんだろな..
とやっぱり 未練タラタラ。
後ろをチラチラ振り返りながら 降りていたら‥
やっぱり‥!
b0119620_1043944.jpg
木々の間から 悠然と姿を見せ始めた岩手山が。。

ん~。。 あれを山頂で見たかった。
でも いいんだも~んっ
また来るから ♪

と 次に期待する楽しみを味わった 鞍掛山なのでした~
 
[PR]

by mari-zo | 2009-04-22 10:50 | 旅。


<< エクまであと10日☆      モエ山草原 with ワンズ >>