まり蔵のワンコ☆ライフ

mariwanko.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 28日

古本屋めぐり ♪

ボウフラ書店 行って来ました!!

日記の翌日は 残念ながら 雨。
んでも!? ちゃんと留守電に「今日は休みます」って入ってた (爆
そうでしょう。そうでしょう♪ 
と留守電に 2つ返事でうなずくまりぞ。

んでもって その次の日 ちゃんと行って来ましたよ~。
(だって営業時間は午後四時までなのに私の為に開けててくれたのだ(感謝☆)

いやぁ~ スゴかった。。

張り紙でベタベタになった扉を開けると ‥?
そこは もう想像以上でした。。
だって、何畳かありそうな部屋が‥ 平積みされた本でいっぱい。
奥行きもわからなければ 壁も一切見えないの。
冷静になると頭上も本だらけ。。
人間が立てるところは 扉の前の ほんの1畳ほどで。
だから入ってすぐの目の前に 立ってるのですよ。 店主が。。(苦笑
んだから 入って即 「あ。ども。」みたいな。

予約してた本を受け取り
2、3、情報交換をしている さなかも
「ちょっと待ってね。聞いてみるから。」 と
おもむろに 平積みの本をかき分けて
なにやら ガサゴソとしてるな?
と!! そこから出てきたのは
なんと なつかしの黒電!!! (チン☆)
想像以上の待遇(?笑)に 嬉しくて卒倒しそうでした~

んなので、店内のお写真は ナシ。
色々と想像していただいていると思いますが、
この混沌とした実物は 想像の限界を超えます。。

そして 味をシメ♪
この数日 暇さえあれば 古本屋めぐりをしておりました...

んだけど、 古本屋市場で 価格を調べてると?
同じ本でも 値段の幅がある・・
って~ ことは?
その価値をわからないお店は 安値で販売しているに違いない!! とニラんで
お店の経営を アルバイト君がしてるような古本屋をターゲットにして ♪
なんかあるかな? と行ってみたら
収穫ありありでした~☆

その中の1つが この本↓
b0119620_8463299.jpg
先日 図書館から借りたうちの1冊で
被害は免れたものの(笑) これは買いだな とリストに入れていた。
だけど昭和37年発行なので 定価¥340でありながら
今では¥1500~3000で取引されている希少本。
それが?
なんと近所の書店で発見☆
隅からず~っと見てたら? あったのです。
そこには「マタギ 戸川幸夫」の 光る背表紙が~!!!
しかも ラッキーなことに その価格 ¥500-ポッキリ。

古本屋めぐり
しばらく病み付きになりそ。。
 
[PR]

by mari-zo | 2009-02-28 08:21 | おウチ


<< 戸川幸夫さん      ヤラレマシタ。。。 >>